PR

ニュース 経済

星野リゾートが国内旅館とホテルの再生ファンド設立へ

 星野リゾートは29日、新型コロナウイルス感染拡大を受けて宿泊客が激減した国内のホテルや旅館を支援する「ホテル旅館ファンド(仮称)」を今夏にも設立すると発表した。運用総額は100億~200億円規模で、国内の機関投資家を中心に出資を呼び掛ける。ファンドを通じ、感染拡大の影響で経営難に直面したホテルや旅館の事業継続を支援する。新型コロナの収束に向けて観光・宿泊業界の早期回復に貢献したい考えだ。

 同社はファンドが取得した宿泊施設を建て直すなどして売却し、投資資金を回収する。運用期間は3~5年で、宿泊事業者約10件の経営再建を目指していく。

 同社は5月1日、日本の投資会社、リサ・パートナーズと折半出資でH&Rアセットソリューションズを設立し準備を進めてきた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ