PR

ニュース 経済

核燃再処理工場の3年度竣工「簡単ではない」 日本原燃社長

 日本原燃の増田尚宏社長は29日の定例会見で、事実上の「合格」となった使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の令和3年度上期竣工(しゅんこう)の目標について「簡単ではない」と述べた。今後、安全対策工事などのスケジュールも含めて全体の工程を精査していく考えを示した。

 同工場は今月13日の原子力規制委員会の審査会合で、新規制基準に適合しているとする「審査書案」が了承された。

 会見で増田社長は「大きな前進と受け止めているが、引き続き審査合格に向けて取り組む」と語った。その上で、竣工時期に関して「簡単ではないし、今後の審査の見通し、安全対策工事などの工程を精査しながらもう少し見極めたい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ