PR

ニュース 経済

日産株急落、一時8%安 巨額赤字、コロナ影響懸念

日産自動車の2019年度決算および事業構造改革計画に関する報道向け説明会を行う社長兼最高経営責任者の内田誠(中央)=28日午後、東京都(日産公式YouTubeから)
日産自動車の2019年度決算および事業構造改革計画に関する報道向け説明会を行う社長兼最高経営責任者の内田誠(中央)=28日午後、東京都(日産公式YouTubeから)

 29日午前の東京株式市場で日産自動車の株価が急落した。28日の取引終了後に発表した令和2年3月期連結決算の最終損益が6712億円の赤字となり、新型コロナウイルスの影響による業績悪化への懸念が強まった。一時、前日終値比37円80銭(8・4%)安の411円60銭を付けた。

 大手証券関係者は「自動車販売の減少が響いている」と指摘。三菱自動車、フランス大手ルノーとの3社連合としての新たな中期経営計画が好感されて28日終値は8・2%上昇したが、29日は前日の値上がり分を帳消しにするほど下がる場面があった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ