PR

ニュース 経済

BaaSプラットフォームのH.I.F.、シードVCのクオンタムリープベンチャーズとFintech分野での新サービス開発に向けた業務提携契約を締結

クオンタムリープベンチャーズ株式会社

 コミュニティ金融時代に合わせた柔軟なFintechサービス開発が可能に

 BaaSプラットフォーム「Fimple Platform」を開発・運営するH.I.F.株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役:東小薗 光輝、以下、HIF)とスタートアップスタジオやベンチャーキャピタルを運営するクオンタムリープベンチャーズ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:古谷健太郎、以下、QXLV)は、Fintech分野にて共同での新サービス開発に向けた業務提携(以下、本件業務提携)を行うことで合意し、業務提携契約を締結しました。

本件業務提携の背景

 金融サービスは今後、特定のニーズをもつコミュニティに対し、最適な金融サービスを提供する「コミュニティ金融」が発達していくことが予想されています。この社会情勢の変化に対応すべく、HIFはコミュニティのニーズに合わせたFintechサービス開発を容易にするBaaSプラットフォーム「Fimple Platform」の開発を進めています。Fimple Platform上の各Fintechサービスをカスタマイズしたり、API連携したりすることで、コミュニティを所有する企業や組織がコミュニティに合わせて最適なFintechサービスを開発すること可能になります。本件業務提携はその第一弾としてQXLVとの協業で決済代行分野においてQXLVの支援先・関連先に最適なFintechサービスの開発を目指します。

 ベンチャーキャピタルやスタートアップスタジオを運営するQXLVとしては、本件業務提携により、支援先企業のバックオフィス負担を軽減し、事業の飛躍的成長を促すことを目指します。

本件業務提携の詳細

 第1ステップとして、QXLVは自社の支援先や出井伸之氏(元ソニー会長兼グループCEO、現クオンタムリープ株式会社代表取締役)を始めとするアドバイザーの関連先企業で、決済代行やバックファイナンスニーズのある企業に対し、HIFと連携して「Fimple決済」や「Fimple保証」などの各種Fintechサービスを提供していきます。

本件業務提携による将来展開

 HIFとQXLVは連携してFintechサービスを提供していく中で、BaaSプラットフォーム「Fimple Platform」を活用して、決済代行を含む、QXLVの支援先、関連先に必要なQXLV独自のFintechサービス群を開発していきます。

クオンタムリープ株式会社 代表取締役会長ファウンダー出井伸之氏のコメント

 クオンタムリープベンチャーズはVCでありながら、新規事業立ち上げやグロース支援を行うスタートアップスタジオ機能を持つ会社として設立されました。資金のみを提供する既存VCと異なり、自ら事業開発に取り組むことで、ハンズオンの幅が広がり、スピード感を持った支援が可能となりました。

 新しい事業を立ち上げるということは、大きな困難がつきものですが、HIF社との協業により、その困難を少しでも減らし、社会に大きな価値を提供する会社がたくさん生まれることを期待しています。

【出井氏プロフィール】

 クオンタムリープ株式会社 代表取締役会長 ファウンダー

 クオンタムリープベンチャーズ株式会社 最高顧問

 出井伸之(いでいのぶゆき)

 1937年東京都生まれ。1960年早稲田大学卒業後、ソニー入社。主に欧州での海外事業に従事。オーディオ事業部長、コンピュータ事業部長、ホームビデオ事業部長など歴任した後、1995年社長就任。以後10年に渡りソニー経営のトップとしてソニー変革を主導。退任後、2006年9月にクオンタムリープ株式会社を設立。大企業変革支援やベンチャー企業の育成支援活動を行う。NPO法人アジア・イノベーターズ・イニシアティブ理事長。社会運動「アドベンチャービレッジ」村長。2020年4月より現職。

【H.I.F.株式会社について】

 H.I.F.株式会社(旧社名:H.I.S.ImpactFinance株式会社)は、株式会社エイチ・アイ・エス出身者で澤田経営道場2期生の東小薗が創業し、代表取締役を務める、主に信用保証業・決済代行業・銀行代理業を行うBaaS(Banking as a Service)プラットフォーム(※)企業です。2017年11月に設立され、現在はHISグループの企業として売掛金まで保証する企業間決済サービス「Fimple決済」や売掛金を保証する「Fimple保証」を展開しています。

 また、GMOあおぞらネット銀行を所属銀行とする銀行代理業の許可を取得し、銀行代理業にも取り組んでおり、国内初のネオバンク「FimpleBank」の開発にも取り組んでおります。

 HIFはこれらのBaaSプラットフォームを通じて必要な資金が必要な法人・個人に提供される社会を実現してまいります。

 H.I.F.株式会社サイト:https://www.his-impact-finance.com/

 ※BaaSプラットフォーム「Fimple Platform」:決済代行や信用保証など様々なFintechサービスに必要な機能を提供するプラットフォーム。Fintechサービスの提供に必要な与信管理なども同時に提供するため、自社のサービスに組み込むことで簡単にFintechサービスを開始することができます。自社で開発が難しい企業であれば「Fimple決済」や「Fimple保証」などの既存Fintechサービスをカスタマイズして利用することもできます。

【クオンタムリープベンチャーズ株式会社について】

 クオンタムリープベンチャーズ株式会社は、クオンタムリープ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:出井伸之)から、古谷健太郎が独立しスピンオフする形で、2019年3月に設立しました。「日本発グローバルスタートアップをスタンダードにする」というミッションの下、ベンチャーキャピタル事業、スタートアップスタジオ事業を運営しています。資金提供のほか、事業開発・プロダクト開発・エンジニアリング等のハンズオンにより、出資先の飛躍的な成長を支援するのが特徴です。

 社名:クオンタムリープベンチャーズ株式会社

 設立:2019年3月

 代表者:代表取締役 古谷健太郎

 事業内容:スタートアップスタジオ事業、ベンチャーキャピタル事業

 所在地:東京都港区六本木7-15-7SENQ六本木802

 資本金:38,990,000円(資本準備金含む)

 WEB:https://qxlv.jp/

 ファンド名:QXLV投資事業有限責任組合

 設立:2020年5月

 規模:10億円(予定)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ