PR

ニュース 経済

日航、6月国内線も7割減 需要回復見込めず

需要減で減便が拡大している日本航空=羽田空港
需要減で減便が拡大している日本航空=羽田空港

 日本航空は20日、6月1~14日の国内線をグループで計8584便減らすと発表した。5月に続き期間中は当初計画していた便数の約7割がなくなる。新型コロナウイルスの流行で落ち込んだ需要の回復には、まだ時間がかかると判断した。

 6月1~14日の対象は計103路線で、羽田や大阪(伊丹)、新千歳、福岡、那覇といった各地の発着便が減る。予約客には代替便などを用意する。5月23~31日についても一部の便を追加で減らす。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ