PR

ニュース 経済

首都圏、4月のマンション発売最低 コロナで686戸

東京都内の高層マンション
東京都内の高層マンション

 不動産経済研究所が20日発表した首都圏(1都3県)の4月の新築マンション発売戸数は、前年同月比51・7%減の686戸だった。単月の戸数としては昭和50年1月の705戸を下回り、48年の調査開始以来で最低となった。新型コロナウイルス感染拡大で、多くのモデルルームが営業を休止したことが響いた。

 足元でも不動産大手を中心にモデルルームの営業休止が続いている。同研究所は5月はさらに最低を更新し、500戸にとどまると予想した。

 1戸当たりの平均価格は、5・4%高い6216万円だった。価格の比較的高い東京23区の物件割合が高まったため。

 地域別の発売戸数は23区が42・1%減の420戸、23区以外が73・4%減の45戸。神奈川は55・6%減の136戸、埼玉は39・3%減の74戸、千葉は88・8%減の11戸だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ