PR

ニュース 経済

仏独、58兆円復興基金提案 コロナ、EU共同債務負担

フランスのマクロン大統領(右)とドイツのメルケル首相(左)は18日、テレビ電話で会談した=5月18日、ベルリン(AP)
フランスのマクロン大統領(右)とドイツのメルケル首相(左)は18日、テレビ電話で会談した=5月18日、ベルリン(AP)

 フランスのマクロン大統領とドイツのメルケル首相は18日、テレビ電話で会談した。新型コロナウイルスで大打撃を受けた経済の復興に向け、欧州連合(EU)が創設する基金を5千億ユーロ(約58兆6千億円)規模とし、被害が深刻な地域へ融資ではなく交付金として給付することを両国共同で提案すると決めた。

 財源は、欧州委員会がEUとして発行する債券で調達し、事実上加盟国が共同で債務を負う前例のない方式を採用。フランスの主張にドイツが同調した形で、マクロン氏は終了後の記者会見で「大きな一歩だ」と強調、メルケル氏は「国ごとに被害が異なる。欧州の結束が非常に重要だ」と述べた。

 ただEU財政の緊縮を求めるオーストリアなどは、基金は各国への融資で対応すべきだと主張している。実現には27加盟国の全会一致が必要で、交渉妥結は容易ではない。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ