PR

ニュース 経済

大阪府の「段階的解除」可否判断方針 営業再開へ期待高まる 検温、待ち行列にルール…新型コロナの感染対策も強化

 また、各事業者は、営業再開後も、新型コロナに対する安全対策に全力を尽くす考えだ。

 大丸松坂屋百貨店は今のところ、大阪で臨時休業している店舗の再開のスケジュールは決まっていない。

 ただ、自治体による休業要請の解除を受け、全館営業を再開した高知大丸(高知市帯屋町)など2店舗では、感染予防策を強化。客の入店時にサーモグラフィーで検温を行い、レジ係と客の間には飛沫防止用のビニールカーテンを設けたりしている。

 大阪の店舗の営業を再開する際も、こうしたこれまでの取り組みを踏まえ、感染対策を強化する考えだ。

「3密」対策も

 臨時休業中のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市此花区)も、営業再開日について、「今後の政府の発表など、状況を鑑みながら慎重に検討する」という。

 ただ、関係者によると「再開後の営業態勢について準備を進めている」。赤外線サーモグラフィーによる入園時の検温や、稼働させるアトラクションの選定、待ち行列のルール作りなどを検討している。

 臨時休業を続ける大阪市内のあるホテルは緊急事態宣言解除をにらみ、6月1日の営業再開を目指す方針。ひとまず利用できるフロアを限定し、全客室数の1割未満に抑えることで「3密」対策を図る考えだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ