PR

ニュース 経済

楽天、最終赤字353億円 1~3月期 

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、自宅から決算会見にのぞんだ楽天の三木谷浩史会長兼社長(下段の右から2人目)
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、自宅から決算会見にのぞんだ楽天の三木谷浩史会長兼社長(下段の右から2人目)
その他の写真を見る(1/2枚)

 楽天が13日発表した令和2年1~3月期連結決算(国際会計基準)は、最終損益が353億円の赤字だった。売上高は前年同期比18・2%増の3314億円、営業損益は240億円の赤字だった。平成31年1~3月期は1049億円の最終黒字だった。

 楽天は令和元年12月期の通期決算でも、携帯電話事業への投資負担などがかさんだ結果、318億円の最終赤字だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ