PR

ニュース 経済

与野党政調会長が新たな協議体 家賃補助などコロナ対策で 2次補正早期成立目指す

自民党・岸田文雄政調会長=11日午後、国会内(春名中撮影)
自民党・岸田文雄政調会長=11日午後、国会内(春名中撮影)

 新型コロナウイルスの感染拡大に対する追加経済対策を盛り込む令和2年度第2次補正予算案を議論するため、与野党が新たな協議体を設ける方向で調整に入ったことが12日、分かった。与野党政調会長が出席し、早ければ14日にも開催する方向で検討している。

 新たな協議体では、家賃の支払いが困難になった事業者の支援策などについて議論する方針。各党が協調し、早期に2次補正予算案を成立させる狙いがある。野党幹部は「幅広く他党の意見を聞く場を設ける姿勢は評価したい」と期待を示した。

 新型コロナ対策を議論する場としては、すでに政府・与野党連絡協議会がある。ただ、自民党の岸田文雄政調会長が出席していないなど、十分に機能していないとの指摘も出ていた。

 安倍晋三首相は2次補正予算案をめぐり、野党とも協議した上で編成する考えを示している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ