PR

ニュース 経済

マツダ、最終利益80%減に 欧米低迷で3月期下方修正

「マツダ3」とマツダのロゴ(ロイター)
「マツダ3」とマツダのロゴ(ロイター)

 マツダは12日、令和2年3月期連結業績予想に関し、売上高を従来の3兆5千億円から3兆4302億円に、最終利益を430億円から121億円にそれぞれ下方修正すると発表した。売上高は前期比で4%、最終利益は80%程度の減少となる。

 第4四半期の2年1~3月期だけで見ると最終損益は約200億円の赤字。新型コロナウイルスの感染拡大により、主力の北米や欧州で販売が低迷したことが響いた。

 マツダは新型コロナで本社工場(広島市)や防府工場(山口県防府市)などの生産を一時停止した。三菱UFJ銀行や三井住友銀行など大手銀行に対し、合計で3千億円規模の融資を要請している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ