PR

ニュース 経済

マスク手作り需要で家庭用ミシンの販売急拡大

マスクを手作りする人が増え、ミシンの販売が好調だ(ブラザー工業提供)
マスクを手作りする人が増え、ミシンの販売が好調だ(ブラザー工業提供)

 新型コロナウイルスの感染拡大で市販マスクが品薄になる中、マスクを手作りする動きが広がり、ミシンの販売が急拡大している。通常は入学や入園用の備品準備を目的とした年度末の購入が多いが、4月以降も人気が続く。ただミシンなどを扱う機械メーカーにとっては全体の売上高に占める家庭用ミシンの比率は小さく、業績への寄与度は限定的といえそうだ。

 ミシン販売のブラザー販売(名古屋市瑞穂区)では、2~3月の受注台数が前年同期比で3割増加した。マスクの型紙をダウンロードできるサイトも設けており、3月~4月上旬の閲覧数は5万件と、前年の約500倍に達した。

 4月以降も製品紹介サイトの閲覧数は前年の2・5倍で推移しているといい、製造を手掛ける親会社ブラザー工業に追加で発注した。担当者は「新型コロナウイルスの問題がなかった昨年とは状況が違うがこれほど増えるとは。中高年の方だけでなく、若いお母さんの購入も多いようだ」と話す。

 蛇の目ミシン工業でも、3月~4月上旬のミシン販売が前年同期比で約2割増えた。5万円以内の入門用が多いが、10万円以上の比較的、高価格帯のものも売れているという。

 ただ家庭用ミシンは製品単価だけでなく利幅も小さいため、業績への寄与度は意外にも小さい。ブラザー工業の主力事業はファクシミリやプリンター。売上高全体に占める家庭用ミシンの割合は数%しかない。しかも受注台数の増加分のほとんどが低価格機だという。令和2年3月期連結業績は工作機械の受注減が響き、減収減益だった。

 令和2年1~3月期連結業績が最終赤字となったJUKIも主力の工業用ミシンが不振だった。同社の家庭用ミシンの販売額は前年同期比3%増だったが、4~6月期は25%増を見込んでおり、中国上海の工場での生産量を増やす方針だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ