PR

ニュース 経済

楽天の携帯電話サービス、他社回線エリアでデータ通信障害 原因を調査中

楽天のロゴ(佐藤徳昭撮影)
楽天のロゴ(佐藤徳昭撮影)

 楽天は1日、同社の携帯電話サービスで通信障害が発生し、一部でデータ通信ができなくなっていることを明らかにした。影響を受けている回線数や地域などは調査中としている。

 楽天によると、障害は1日朝に発覚。約2万5千人に限定している試験サービスで、本サービスへの移行を申し込んだ利用者が影響を受けている。楽天の通信設備のソフトウエアに不具合が発生しているのが原因だが、詳細は調査中としている。

 主にKDDI(au)回線を借りているエリアで障害が発生しているが、楽天の自社エリアの一部でも、データ通信ができない状況になっているという。詳しい原因や影響範囲などを調査している。1日は、試験サービス利用者の本サービスへの大規模な移行手続きを予定しており、関連を調べる。

 楽天は試験サービスを昨年10月に開始。5月末まで継続するが、4月8日から本サービスを開始し、試験サービスの利用者にも移行の申し込みを呼びかけていた。一方で、申し込んで数週間経っても手続きが完了しないなどの遅れが生じ、苦情が寄せられていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ