PR

ニュース 経済

神戸の若手靴職人達が医療現場を危惧して防護服を製作。タイベックを使って誰でも簡単に作れる製法を公開

ネイブレイン

 私たちは、1日も早く普段の生活に戻れるために、医療体制の支援の取り組みをスタートいたしました。

 株式会社ネイブレイン(愛知県岡崎市、代表取締役社長:山本 直人)は、オーダーメイド方式の靴を製造販売を行う「ラグジュアリーブランドCAGIANA(カジーナ)」にて、防護服を製作することが決定しました。

靴職人が防護服を製作する

 それは、神戸市須磨区でオーダー靴を生産するCAGIANA(カジーナ)の靴職人達が、地元の関西だけでなく、全国的に新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けている状況を見て「自分たちに出来ることはないか」と会社に持ちかけたことに始まります。

 この靴職人達からの真摯な問いかけに対し、弊社代表の山本は「自社の工務店で取り扱いのあるタイベックを使って防護服を作れるか?」と提案。さらに「防護服の制作方法を簡易化することで、タイベックを取り扱っている全国の建設会社や縫製者が作ることが出来るようになるから、ぜひ挑戦してほしい。」と伝えると、4名全員が「ぜひやらせてください!」と一致団結。

 靴職人たちによる防護服の制作がスタートしました。

防護服のプロトタイプを制作

 その後すぐに代表の山本は、自社の社員にデュポン社製タイベックを神戸の靴工場に送ることを指示するなど、全社挙げての支援を行う。タイベックを受け取った靴職人達は、防護服のプロトタイプを数時間で完成させ、靴工場でも問題なく作る出来ることを証明。

 これにより、正式に防護服を製作することが決定しました。

 タイベックは防水透湿性能の高さから住宅建設等に使用されている素材。当社の住宅建設部門でも取り扱いしており、タイベックを靴職人が縫製することで、防護服を製作します。

 作図と裁断後、制作時間はわずか10分。服作りに慣れている方なら5分程度で可能です。

 当社でもウイルス感染拡大防止に努めており、靴工場内の消毒など、徹底しております。

 製品については万全の管理にて防護服を製造致します。

防護服の制作方法を無料公開

 防護服は靴職人が4名で制作していきますが、現在受注している靴の製造と並行して防護服を作るため、1日で出来上がる枚数には限界があります。

 一方、タイベックを取り扱っている会社は全国に数万社。仮に各社で1枚づつ作ったとしても、数万枚の供給が可能になる。

 一刻も早く支援を進めていきたい私たちは、「防護服制作方法を自社内だけに留めるのは得策ではない」と考え、CAGIANA(カジーナ)サイトにて、無料公開することに踏み切りました。

 簡単に誰でも作れる防護服の制作方法を公開することにより、工務店や縫製場にて多くの方々が防護服を作れるようになる。それにより「医療機関などへの支援の輪が全国に広がって行って欲しい」と私たちは考えています。

 「誰でも簡単に作れるタイベックを使用した防護服」の制作方法のご案内ページはこちら

https://cagiana.jp/contents/news/covid-19himatukakusanbousibougofuku/?utm_source=prtimes&utm_medium=click&utm_campaign=pressrelease202004

防護服の納品先について

 私たちは、先が見通せない闘いの最前線にいる医療従事者に防護服を届ることで、1日も早く普段の生活に戻れるために、医療体制の支援に取り組んでいきます。靴職人達が制作した防護服の寄贈先は、弊社指定の公的機関となります。

 ■本件に関するお問い合わせ

 株式会社ネイブレイン CAGIANA神戸ファクトリー

 メールアドレス info@cagiana.jp

 または、カジーナサイトの「お問い合わせ」よりご連絡ください。

 ※電話での受け付けは承っておりません。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ