PR

ニュース 経済

銀行、GW返上で資金繰り相談 手続き簡素化も 新型コロナで危機の中小企業を支援

地方銀行も連休返上で中小企業の相談に乗る。写真は関西みらい銀行=大阪市中央区
地方銀行も連休返上で中小企業の相談に乗る。写真は関西みらい銀行=大阪市中央区

 新型コロナウイルスの感染拡大で危機に瀕する中小企業や個人事業主を支援するため、銀行は、ゴールデンウイーク(大型連休)中も資金繰りなどの相談に乗る窓口を設ける。休日返上で、融資や返済スケジュールの見直しに応じる考えだ。実質無利子・無担保融資が民間金融機関で扱う新制度が始まり、相談が殺到することに備え、審査などの簡略化も進める。(岡本祐大、大柳聡庸、米沢文)

混雑防止策も

 「大型連休中も必要な店舗を開いて、お客さまの相談を受ける体制を整備する」

 全国銀行協会の三毛兼承会長(三菱UFJ銀行頭取)は28日、電話会議システムを使って開いた説明会で、こう述べた。

 大手行では都市部を中心に準備が進んでおり、三菱UFJ銀行は28日、5月2~6日の期間、全国主要都市25拠点で専用の相談窓口を開くと発表した。電話での相談も受け付ける。三井住友銀行も一部店舗で窓口を設け、みずほ銀行は一部の店舗で資金繰り相談などに応じる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ