PR

ニュース 経済

「ぬいぐるみ」でコロナ感染防止 りそな銀行がユニークな取り組み

3人掛けソファの真ん中に置かれているりそな銀行のマスコット「りそにゃ」のぬいぐるみ=大阪市
3人掛けソファの真ん中に置かれているりそな銀行のマスコット「りそにゃ」のぬいぐるみ=大阪市

 新型コロナウイルスの感染拡大防止策にかわいいぬいぐるみが一役買っている。りそな銀行の一部支店が、3人掛けソファの真ん中に同行のマスコット「りそにゃ」のぬいぐるみを置き、待合客同士の接近を防ごうというもの。人と人の距離を保つ「社会的距離(ソーシャルディスタンス)」をめぐる対応として、SNS(会員制交流サイト)を中心に話題を集めている。

 りそな銀行によると、神奈川県内の支店の行員が「1席分でも間隔を開けよう」と発案し、今月上旬から同支店で実施。来店者がSNSに投稿したところ、「かわいい対策」「気持ちがなごむ」などと評判を呼んだ。ほかの支店でも徐々に広がってきている。

 一方、テレワーク(在宅勤務)の広がりで平日に時間の余裕が生まれたため、住所変更などの手続きに支店を訪れる利用者が増加傾向という。同行はネットバンキングなどの利用で、不要不急の来店を控えるよう呼びかけている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ