PR

ニュース 経済

外国車販売5年ぶり減 令和元年度、増税やコロナ影響

 日本自動車輸入組合が6日発表した令和元度の外国メーカーの新車輸入販売台数は前年度比5・1%減の29万2109台と、平成26度以来5年ぶりに減少した。上半期は堅調だったが、消費税が引き上げられた昨年10月以降は6カ月連続で前年同月を下回った。新型コロナウイルスの影響で3月は13・1%減と落ち込み幅が拡大した。

 新型コロナにより各社の工場は生産停止に追い込まれており、輸入組合の担当者は「4月以降の販売に影響が出るだろう」と話した。

 ブランド別では、ドイツのダイムラーのメルセデス・ベンツが前年度比3・6%減の6万4569台で5年連続の首位だった。スポーツタイプ多目的車(SUV)の人気を背景に、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)のジープは27・8%増の1万4186台と過去最高を更新した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ