PR

ニュース 経済

ウエストロー・ジャパン、プレミアム・オンラインセミナーを初開催

ウエストロー・ジャパン

 アンダーソン・毛利・友常法律事務所&ウエストロー・ジャパン 共催セミナー「カーブアウトM&Aの法務戦略」 講師 アンダーソン・毛利・友常法律事務所 弁護士 龍野 滋幹

 ウエストロー・ジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役 ヨンソン・バン)は、5月19日(火)、アンダーソン・毛利・友常法律事務所と共催で「カーブアウトM&Aの法務戦略」と題したプレミアム・オンラインセミナーを初開催いたします。

 不透明感を増す世界経済の中で、「選択と集中」に基づく強みを持つ事業の一層の強化、収益基盤の拡大、それらのための事業ポートフォリオの入れ替えは、あらゆる企業にとってますます喫緊の課題になってくるものと思われます。企業の一部事業を売買して行われるカーブアウトM&Aは、そのような事業ポートフォリオの入れ替えを効果的に行う手法として利用されますが、カーブアウトM&Aはそれだけではなく、カーブアウトスターアップ設立のケース、今後の事業化が見込まれるシーズを切り出して他のパートナーとの共同事業としてインキュベーションを行っていくケース、各パートナーがそれぞれの事業を切り出して統合させることにより強みを持った共同事業会社を創出するケース、競争法上の理由から一部事業の切り離しが必要となるケースなど、様々なシチュエーションで利用されるようになっています。

 カーブアウトM&Aは、法的観点から見たとき、どのようなストラクチャーを用いるかに始まり、スタンドアローン問題、潜在債務の遮断、労働者の承継方法、表明保証のあり方など、通常のM&Aに加えた非常に多くの、かつ難易度の高い法的問題点に目配りをしながら案件検討をしていく必要がありますし、契約構造や契約条項についてもテクニカルなメカニズム、そしてその本質への十分な理解がなければカーブアウトM&Aを本当に有効に使いこなすことはできません。

 本セミナーでは、多くのカーブアウトM&Aを取り扱ってきた講師が、カーブアウトM&Aにおいて実務上真に重要であり理解が不可欠な法的ポイントに、詳細まで踏み込んで解説いたします。

 <開催概要>

 日 時: 2020年5月19日(火) 14:00~17:00

 開催方法: オンラインにて、ライブウェブキャストセミナー(WEBオンラインセミナー)を開催いたします。会社、ご自宅などWEB環境があればどこからでもアクセスいただけます。お申込み後、セミナー開始前にセミナー視聴用URL並びにアクセス方法をお知らせいたします。

 <お申し込みについて>

 下記URLのセミナー特設サイトにある申込フォームよりお申込みをお願いします。

https://coubic.com/seminar-westlawjapan/540849/

 <当日プログラム>

 14:00~15:25 カーブアウトM&Aの法務戦略1.

 15:25~15:35 休憩

 15:35~17:00 カーブアウトM&Aの法務戦略2.

 *プログラム構成・内容は変更となる場合があります。予めご了承ください。

 *本セミナーについては、法律事務所ご所属(企業等にご出向・派遣中を含む)の方は、お申込みをご遠慮願います。

 参加費:  ※2020年 5月8日(金)までにお申込の方は10,000円(税込)

  ※2020年 5月9日(土)以降は20,000円(税込)

 当セミナーでは、以下のスペシャルプレゼントがついてきます。

 1. 完全保存版 講演レジュメ

 2. アンダーソン・毛利・友常法律事務所 弁護士 龍野 滋幹による

  初回1時間無料法律相談チケット付き(電話会議・テレビ会議を含む)

 3. Westlaw Japan 無料トライアル使い放題

 4. スペシャルノベルティ

 詳細はこちらをご覧ください。

http://www.westlawjapan.com/event/premium/200519.html

 講師紹介

 アンダーソン・毛利・友常法律事務所

 龍野 滋幹(たつの しげき) パートナー弁護士

 2000年東京大学法学部卒業。2002年弁護士登録、アンダーソン・毛利・友常法律事務所入所。2007年米国ニューヨーク大学ロースクール卒業(LL.M.)。2008年ニューヨーク州弁護士登録。2007年から2008年にかけてフランス・パリのHerbert Smith法律事務所にて執務。2014年11月から東京大学大学院薬学系研究科・薬学部「ヒトを対象とする研究倫理審査委員会」審査委員。M&A、ジョイント・ベンチャー、クロスボーダー投資案件に精通しているほか、ファンド組成・投資やコーポレート・ガバナンス、危機管理について数多くアドバイスしている。AI・データ・ヘルスケア等の関連取引・規制アドバイスその他の企業法務分野も幅広く取扱う。特にM&Aにおいては複雑なストラクチャリングを要する案件を多く取り扱っている。

 以上

 ■ウエストロー・ジャパン株式会社について

 ウエストロー・ジャパン株式会社は、時代のニーズに応え、日本で総合的な法情報オンラインサービスを提供するために、2006年3月31日に米国トムソン・ロイターと新日本法規出版株式会社(本社・名古屋)が均等出資で設立した合弁会社です。

 ■トムソン・ロイターについて

 トムソン・ロイターは企業と専門家に向けてニュース・情報を提供する企業グループです。顧客の皆様が信頼できる解を得るために必要となる専門性、テクノロジー、情報を提供しています。トムソン・ロイターは100年以上の歴史と共に、世界100カ国以上で事業展開しています。トムソン・ロイターの株式は、トロント証券取引所およびニューヨーク証券取引所に上場されています。詳細は、http://www.thomsonreuters.com/ をご覧ください。

 ■新日本法規出版株式会社について

 新日本法規出版株式会社は、創業70年を迎えた、日本の法律、税務、会計分野における代表的な出版社です。600種類を超える加除式法規書籍を中心とする出版物、CD-ROM、インターネットなどを通じて、弁護士、司法書士、公認会計士、税理士、建築士、社会保険労務士、行政書士などの専門家、中央官庁、地方自治体および企業の実務家に向けた情報サービスを提供しています。

 お申込み時にいただきました個人情報は、アンダーソン・毛利・友常法律事務所、ウエストロー・ジャパン株式会社が管理し、ご本人様確認、お問合せ対応、各種案内の送付、その他主催者によるサービス提供の目的にのみ使用します。また、弊社のプライバシーポリシーに定める利用目的の範囲内でトムソン・ロイターのグループ会社および新日本法規出版株式会社を含む関連会社に対して提供する場合があります。本セミナーにお申込みいただく際は、下記プライバシーポリシーをご確認いただきますようお願いいたします。

 【ウエストロー・ジャパン 個人情報保護方針】 https://www.westlawjapan.com/privacy-policy/

 ウエストロー・ジャパン株式会社 セミナー事務局

 Email: seminar@westlawjapan.com  フリーダイヤル: 0120-100-482(月~金 9:00-18:00)

 PDF版は下記よりダウンロードください。

https://prtimes.jp/a/?f=d2894-20200330-5406.pdf

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ