PR

ニュース 経済

人気キャラクターちびまる子ちゃんとコジコジが絵本で夢の共演!『絵本まるコジ』シリーズ(全4冊)の新刊が3月26日(木)に発売!

株式会社集英社

 集英社は、人気キャラクターちびまる子ちゃんとコジコジの絵本『絵本まるコジ』シリーズ全4冊を1月より刊行中です。『絵本まるコジ』は、著者であるさくらももこ氏が、「まんがを読めるようになる前のちいさな子どもたち向けの作品に挑戦したい」と1992年に描いた絵物語の連載シリーズを、今回、絵本として新しく編集したものです。さくらももこ氏が美しい色彩でえがいた心あたたまるおはなしが、1冊につき6話収録されています。それぞれのおはなしの終わりには、「まるコジまめちしき」がついていて、季節の行事や四季にまつわることばが学べ、知育にも役立ちます。1月に刊行された2冊に続き、3月26日(木)に、3冊目『絵本まるコジ3. ちびまる子ちゃんとコジコジのおさんぽ』と、4冊目『絵本まるコジ4. ちびまる子ちゃんとコジコジのおもいで』を発売いたします。

【書籍情報】

■2020年1月24日発売

 『絵本まるコジ1. ちびまる子ちゃんとコジコジのぼうけん』

 『絵本まるコジ2. ちびまる子ちゃんとコジコジのおでかけ』

■2020年3月26日発売

 『絵本まるコジ3. ちびまる子ちゃんとコジコジのおさんぽ』

 『絵本まるコジ4. ちびまる子ちゃんとコジコジのおもいで』

「絵本まるコジ」4冊集合写真 (C)さくらももこ (C)さくらプロダクション

 定価:(各)本体1600円+税

 判型:AB判変型ハードカバー(本文天地188ミリ×左右220ミリ)

 頁数:64ページ・オールカラー

 発行:株式会社集英社

 「絵本まるコジ」特設サイト https://kids.shueisha.co.jp/marucoji/

 ※絵本の制作こぼれ話も読める!

★注目ポイント:連載時のネームイラストを初掲載

 さくらももこ氏が月刊の幼年誌連載時に描いていたネーム(ラフイラスト)を今回、初収録。ネームの一部を各巻の本の見返し部分に掲載しています。

初掲載となるネームイラスト (C)さくらももこ (C)さくらプロダクション

■各巻紹介

『絵本まるコジ1. ちびまる子ちゃんとコジコジのぼうけん』

 あらすじ:地球にやってきたコジコジには、お友だちがいません。 さびしそうなコジコジを、学校帰りのまるちゃんが見つけて「わたしのうちへおいでよ」と声をかけます。コジコジにとって初めてのお友だちは、まるちゃんになりました。

『絵本まるコジ1. ちびまる子ちゃんとコジコジのぼうけん』中面ページ (C)さくらももこ (C)さくらプロダクション

『絵本まるコジ2. ちびまる子ちゃんとコジコジのおでかけ』

 あらすじ:夏の間、コジコジが空をとべるのを見て「いいな、ぼくらも空をとびたいな」という葉っぱの子どもたち。「みんなも秋になれば、空をとべるよ」と、コジコジは葉っぱの子どもたちにいいますが…。

『絵本まるコジ2. ちびまる子ちゃんとコジコジのおでかけ』中面ページ (C)さくらももこ (C)さくらプロダクション

『絵本まるコジ3. ちびまる子ちゃんとコジコジのおさんぽ』

 あらすじ:ある日の雨あがり、コジコジは大きなにじを見ていました。 「きれいだな。にじは なにでできているんだろう?」まるちゃんとコジコジはにじの正体をさがしに行きましたが…。

『絵本まるコジ3. ちびまる子ちゃんとコジコジのおさんぽ』中面ページ (C)さくらももこ (C)さくらプロダクション

『絵本まるコジ4. ちびまる子ちゃんとコジコジのおもいで』

 あらすじ:ある夜、へんな音で目が覚めたコジコジ。こわくなってまるちゃんをおこしに行きましたが、音の正体は…。4巻のみ、「おまけ」として地図「コジコジのゆめの国」のイラストが収録されています。

『絵本まるコジ4. ちびまる子ちゃんとコジコジのおもいで』中面ページ (C)さくらももこ (C)さくらプロダクション

○著者さくらももこについて

 1965年静岡県生まれ。まんが家、エッセイスト。静岡県出身。1986年より「りぼん」にて『ちびまる子ちゃん』の連載を開始。1994年には「きみとぼく」(ソニー・マガジンズ)にて『コジコジ』連載開始。2作品ともテレビアニメ化され、国民的大ヒット作となる。

○『絵本まるコジ』について

 『絵本まるコジ』は、『幼稚園』(小学館)で連載していたものに著者が加筆し、『ももこのファンタジック・ワールド コジコジ』『まる子とコジコジ』として過去に刊行されていたものを新装し、判型を変えてあらたに絵本として発売されました。

 画像掲載の際はコピーライト「(C)さくらももこ (C)さくらプロダクション」の2つを必ず記載いただきますようお願い申し上げます。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ