PR

ニュース 経済

「アスリートイメージ評価調査」2020年3月調査 ~総合ランキングは羽生結弦、大谷翔平、八村塁。「純粋なアスリート」には佐々木朗希、阿部詩、大谷翔平がランクイン~

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ

 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区 社長:矢嶋弘毅 以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、株式会社博報堂DYスポーツマーケティング(本社:東京都港区 社長:岩佐克俊)、データスタジアム株式会社(本社:東京都港区 社長:加藤善彦)と共同で、アスリートの総合的なイメージを測定する「アスリートイメージ評価調査」2020年3月調査を行いました。

 ■ 調査結果 ■

 アスリートイメージ総合ランキングは、1位:羽生結弦(フィギュアスケート、敬称略、以下同)、2位:大谷翔平(野球)、3位:八村塁(バスケットボール)、4位:アンドレス・イニエスタ(サッカー)、5位:大坂なおみ(テニス)となりました。羽生選手は、2月に行われた「ISU四大陸フィギュアスケート選手権大会2020」の優勝により、男子で初めてジュニアとシニアの主要国際大会を制覇しています。また、大谷選手は投手としての復活を期しMLB3年目の春季キャンプに臨み、八村選手は怪我から復帰し、NBAの若手によるオールスターゲーム「ライジング・スターズ」にも出場するなど、順調にキャリアを重ねています。

 「純粋な」アスリートは、1位:佐々木朗希、2位:阿部詩、3位:大谷翔平、4位:宇野昌磨、5位:本田真凜となり、「勢いを感じる」アスリートは、1位:八村塁、2位:大谷翔平、3位:佐々木朗希、4位:渋野日向子、5位:羽生結弦となりました。両項目でランクインしている佐々木選手は、昨年のドラフト会議で千葉ロッテマリーンズに入団。春季キャンプで関係者から高い評価を得るなど、先発ローテーション入りへの期待が高まっています。

 「アスリートイメージ評価調査」はCMキャスティングの際に使用する基礎データとしての活用を主な目的とし、調査対象としたアスリートの認知、好意度のほか、独自に構築した29項目のイメージ評価によるオリジナル調査です。博報堂DYメディアパートナーズでは、今後も定期的に「アスリートイメージ評価調査」を実施し、アスリートのイメージ評価の分析を行ってまいります。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ