PR

ニュース 経済

ソフトバンクG、非公開化を一時検討も見送り 英FT報道

「ソフトバンク」のロゴ
「ソフトバンク」のロゴ

 英紙フィナンシャル・タイムズ電子版は24日、ソフトバンクグループが株式の非公開化を一時検討していたと報じた。実際には見送られ、株式などの保有資産のうち最大4兆5千億円分を売却し、得た資金で大規模な自社株買いをする計画を決めたとしている。

 報道によると、非公開化案はソフトバンクグループの孫正義会長兼社長が株価急落への対策を考える中で浮上した。同社の株価が低すぎるとして、株式市場に不満を持っていたという。

 ソフトバンクグループ株を大量取得した米投資ファンドのエリオット・マネジメントの関係者が先週、追加保有に関心を表明。孫氏は買収企業の資産を担保に資金調達するレバレッジド・バイアウト(LBO)を検討し始めた。

 孫氏は非公開化に向け投資家連合体の構成を検討したが、迅速にまとめ上げるには複雑だったことなどから断念した。アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国の政府系ファンドとも協議したという。(ロンドン 共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ