PR

ニュース 経済

「医療整備やワクチンに資源集中」G20財務相・中銀総裁が電話会合

記者団の取材に応じる日本銀行の黒田東彦総裁。左は麻生太郎財務相。=23日、東京都千代田区(萩原悠久人撮影)
記者団の取材に応じる日本銀行の黒田東彦総裁。左は麻生太郎財務相。=23日、東京都千代田区(萩原悠久人撮影)

 先進国に新興国を加えた20カ国・地域(G20)の財務相・中央銀行総裁は23日夜、地球規模で猛威を振るう新型コロナウイルスの感染拡大を受けて緊急のテレビ電話会議を開いた。麻生太郎財務相は会議後の記者会見で「医療提供体制の整備やワクチン開発に資源を集中させる必要がある」と強調し、各国で資金を出し合い開発を加速するよう呼びかけたと明らかにした。

 併せて会見した日本銀行の黒田東彦(はるひこ)総裁は、日米欧など6中銀が協調したドル供給の拡充を通じて「ドルの流動性が十分に供給される」と指摘。金融市場の混乱収束に期待感を示した。

 G20議長国のサウジアラビア政府は首脳による緊急テレビ電話会議を今週中に開く方針を示しており、23日の会議は世界経済の状況や感染症対策について事前に議論するため行われた。共同声明は出さなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ