PR

ニュース 経済

みずほ、米国で2人感染 グループ会社社員ら

 みずほフィナンシャルグループ(FG)は23日、米国のニューヨーク地区にあるグループ会社の社員1人と現地の協力企業の社員1人が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。

 みずほFGによると、グループ会社の社員は日本人ではなく、軽い症状で自宅待機となっている。もう1人の国籍や症状などは確認中という。

 2人の濃厚接触者には自宅待機を指示し、職場を消毒した。2人は顧客と接する業務ではなく、それぞれ21、22日に感染が確認された。グループ会社は通常通り営業を続けている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ