PR

ニュース 経済

東証1万8千円割れ コロナショックで売り殺到

株価は一時1200円以上値を下げた=13日午前9時19分、東京・茅場町(酒巻俊介撮影)
株価は一時1200円以上値を下げた=13日午前9時19分、東京・茅場町(酒巻俊介撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 13日の東京株式市場は3営業日続落して取引が始まった。日経平均株価は取引開始直後に一時1万8千円を割り込んだ。前日終値からの下げ幅は1000円を超えた。金融市場では、新型コロナウイルスの感染拡大やそれに伴う世界経済への下押し懸念が渦巻いている。

 日経平均の寄り付きは、前日終値比376円16銭安の1万8183円47銭。前日の米国株が急落した流れを受け、売り注文が殺到し、なかなか値が付かない銘柄が多い。日経平均は取引開始直後に1万7千円台に突入。下落幅は一時、1000円を超えた。取引時間中の1万8千円割れは平成28年11月以来、3年4カ月ぶり。

 東京外国為替市場でも神経質な展開が続いている。午前9時現在の対ドル円相場は1ドル=104円台後半で推移し、前日夕よりも円安に傾いている。

 前日の米ニューヨーク市場で、ダウ工業株30種平均は急落。1日の下落幅としては今月9日を上回って過去最大となり、約2年9カ月ぶりの安値に沈んだ。トランプ米政権が欧州からの入国禁止措置を打ち出したことなどで、実体経済へのダメージが警戒された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ