PR

ニュース 経済

東証、下落で取引開始 一時600円超安

 10日午前の東京株式市場は新型コロナウイルスの世界的な感染拡大への懸念で前日のニューヨーク株式市場が暴落したことを受け、日経平均株価が値下がりして取引が始まった。下げ幅は一時600円を超えた。午前9時15分現在の平均株価は前日終値比570円92銭安の1万9127円84銭。

 前日の海外市場では、ニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均が前週末比で2000ドル超値下がりする過去最大の下げ幅を記録した。感染拡大が強まっているイタリアの株式市場でも主要な株価指数が11%下落。フランスやドイツなどの株式市場でも8%程度の下落となった。

 一方、外国為替市場では安全資産とされる円が買われる流れが続いており、円相場は1ドル=102円台後半で推移している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ