PR

ニュース 経済

レコールバンタンの学生が 日本の資源“お米”の良さを発信 「こめ油で冷めても美味しい!天むす弁当」を開発

築野食品工業株式会社

 ~築野食品工業とレコールバンタンによる産学協同プロジェクト~

 築野食品工業株式会社(本社:和歌山県伊都郡かつらぎ町 代表取締役社長 築野富美https://www.tsuno.co.jp/)は、株式会社バンタン(本部:東京都渋谷区 代表取締役会長 石川広己)が運営する製菓・カフェ・調理の専門校「レコールバンタン」との産学協同プロジェクトのもと、日本の資源である“お米”の良さを若い世代に伝えるべく、国産のこめ油を使ったオリジナルレシピ開発を行いました。

 以前よりレコールバンタンでは、即戦力となる実践教育を採用し、学内の課題のみならず企業が協賛するパーティーや卒業制作など、様々な機会において企業と連携した実践的なプロジェクトを実施しており、本プロジェクトでは、近年パン食やダイエットの普及によりお米の消費率が減少していることから、レコールバンタンに在学する

 1年速成科 フードコーディネーターコースの学生に協力いただき、若い世代に“お米”の良さを伝えることをテーマに、10-20代向けのレシピを企画・開発いただきました。

 レシピ開発で使用いただいた商品は、一般家庭用の「こめ油」、「山椒香味油」、「完熟山椒香味油」の3種類。創業以来70年以上にわたり“米ぬか”の研究を行なう築野食品工業の一般家庭用こめ油は、お米を精米する際に出る “米ぬか”と“米胚芽”を原料とし、100%国産米を使用して作られた良質な植物油です。この3商品をご使用いただき、味も見た目も華やかな「こめ油で冷めても美味しい!天むす弁当」を考案。魅せ方や詰め方にもこだわり、10-20代にも伝えたくなるレシピとなりました。

○学生よりコメント

 今回は築野食品工業の『若者の中でこめ油の知名度を上げて欲しい、それに合わせて若者の米の消費量も増やして欲しい』という思いのもと、私たちは『若者に作ってもらえる、食べてもらえる』をコンセプトに、SNS映えなども狙える、可愛くて美味しいお弁当を考案致しました。

 こめ油の特徴である、油切れが良く、冷めてもベタつかないという特徴を活かし、お弁当にしても美味しく食べてもらえるような工夫を盛り込みました。メインの天むすの天ぷらを揚げる油はもちろん、副菜を作る際や白米を炊く際にもこめ油を使用し、さまざまな使い方を提案できたと思います。

 また、私たちはフードコーディネーターという職業を志す者として、魅せ方や詰め方にもこだわりを持ち、同世代にもうけるようなお弁当に仕上げました。

■L’ecole Vantan (レコールバンタン)

 パティシエ、ブランジェ、カフェ、シェフ、フードコーディネーター等、“食”の分野に特化し人材の育成を行う専門スクール。世界で認められているパティシエ鎧塚俊彦氏が監修する「グランパティシエ学科」など、即戦力となる実践教育を行なっています。

 ・レコールバンタン :http://www.lecole.jp/

 ・レコールバンタン 高等部:https://www.lecole-hs.jp

■商品情報

○こめ油

 こめ油は100%お米を原料とした、良質の植物油です。素材の味を引き立てる風味の良さが特徴。炒めもの、揚げもの、ドレッシングなど、どんなお料理にも美味しくお使いいただけます。

 180g 270円(税込)

 500g 432円(税込)

 750g 648円(税込)

 1000g  772円(税込)

 1500g 1,004円(税込)

○山椒香味油

 和歌山で生産が盛んなフルーティーで甘い香りが特徴の「ぶどう山椒」を使用。ぶどう山椒を丁寧に石臼で挽くことで、採れたての山椒の芳醇な香りを、クセのないこめ油に封じ込めています。香りと程よい刺激が口の中に広がります。

 97g  972円(税込)

 465g 2,700円(税込)

○完熟山椒香味油

 より希少価値の高い、実が赤くなるまで完熟させた和歌山産「ぶどう山椒」を使用。完熟させることにより、つんとした角のある刺激がとれ、普通の山椒にはない芳醇ですっきりとした香りをより楽しむことができます。

 97g 1,188円(税込)

【築野食品工業株式会社の企業概要】

 わたしたちは、古来健康と美のシンボルとして親しまれてきた“米ぬか”の高度有効利用を推し進め、「こめ油製造事業」「ファインケミカル事業」「オレオケミカル事業」の3つの事業を展開。食品分野以外にも米ぬかからつくったinahoというスキンケアブランド(https://www.riceutical.com )も展開しています。

 設 立 : 昭和22年2月1日

 代表者 :代表取締役社長 築野富美

 URL  :https://www.tsuno.co.jp/

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ