PR

ニュース 経済

つり革消毒、朝食サービス中止… 鉄道やホテルで対応追われる

 東急電鉄では、全車両の手すりやつり革など乗客の手が触れる部分の消毒を通常の車内清掃とは別に実施している。また、従業員が感染した場合に備え、運行本数を減らす検討も合わせて進めているという。

 2月17日以降は、車内放送で出勤時間をずらす「オフピーク通勤」やせきやくしゃみをする際にマスクやハンカチで口や鼻を覆う「せきエチケット」への協力を乗客に呼びかけている。

 JR東日本は2月24日から、テレワーク(在宅勤務)や時差出勤、手洗い、アルコール消毒、せきエチケットへの協力を求める車内放送を続けている。また首都圏の各支社では、乗客と接する機会の多い駅係員や乗務員らにマスクの着用を指示している。

 京王プラザホテルでは2月17日から、ホテル内に複数ある飲食施設のうち、レストラン1店舗で朝食サービスの提供を中止している。感染拡大が進む中、宿泊客や一般客の利用者数が減少したためという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ