PR

ニュース 経済

TDLにUSJ…アミューズメント施設で休園続々

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、29日から3月15日まで臨時休園すると発表した東京ディズニーランド=28日午後、千葉県浦安市(共同通信社ヘリから)
 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、29日から3月15日まで臨時休園すると発表した東京ディズニーランド=28日午後、千葉県浦安市(共同通信社ヘリから)

 新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、テーマパークやアミューズメント施設の臨時休園が28日、相次いで発表された。政府から全国的なスポーツ・文化イベントなどの延期や規模縮小の要請を受けたことが決断を後押しした。

 東京ディズニーランドと東京ディズニーシー(共に千葉県浦安市)を運営するオリエンタルランドは29日~3月15日まで2週間の臨時休園を発表。臨時休園は昨年10月に台風対応を理由に1日間、休園して以来。長期にわたる休園は平成23年3月の東日本大震災発生後以来となる。

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)も29日から3月15日までの臨時休園を発表。3月16日に再開予定だが、広報担当者は「今後の状況を踏まえて慎重に判断する」とし、休園期間が延びる可能性もあるとした。

 よみうりランド(東京都稲城市)は2月29日~3月15日まで臨時休園するほか、増設中のフラワーパークも開業日を予定から5日遅らせて3月19日とする。森ビルは29日から外国人観光客を中心に人気を集める「森ビルデジタルアートミュージアム」(東京都江東区)を無期限休館する。

 ボーネルンド(東京都渋谷区)も全国の子供向け施設「キドキド」「トット・ガーデン」など30施設を2月29日~3月13日を基本に休業を決めた。都内でプラネタリウム3館を運営するコニカミノルタプラネタリウム(東京都豊島区)も29日~3月15日の臨時休館を決めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ