PR

ニュース 経済

三菱商事が全社員を在宅勤務に 新型肺炎拡大防止

 三菱商事は27日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、国内の約3800人の全従業員に対し、原則として在宅勤務とするよう通知した。総合商社で全面在宅勤務措置は初めてとみられる。

 28日から3月15日までの期間で、約500人の派遣社員も自宅待機とする。不急の会議や会合、研修、イベントの開催も自粛するほか、国内外の出張も基本的には見合わせる。ただ、事業や業務の継続のため、出社が必要な場合は、所属長の判断で認めるとしている。

 同社の従業員に感染者は確認されていないが、感染抑止の観点から、今回の在宅勤務措置を決めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ