PR

ニュース 経済

新型肺炎 IMF、中国の成長率を5・6%に下方修正 短期収束でも0・4ポイント引き下げ

会合で話すIMFのゲオルギエワ専務理事=21日、サウジアラビア・リヤド(共同)
会合で話すIMFのゲオルギエワ専務理事=21日、サウジアラビア・リヤド(共同)

 国際通貨基金(IMF)は22日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2020年の中国の実質成長率予測を5・6%に下方修正した。景気影響が短期収束するとの仮定でも1月時点の予測から0・4ポイント引き下げた。世界経済の成長率見通しも、0・1ポイント前後の下方修正とした。混乱が長期化すればさらに予測を引き下げる可能性がある。

 ゲオルギエワ専務理事は声明で、中国経済が「4~6月期に正常化するのが基本想定だ」とする一方、感染が長期化、拡大する「悲観的な想定」も考えられるとして警戒感を示した。

 下方修正後の中国の成長率は、1990年以来30年ぶりの低水準。ゲオルギエワ氏は、現段階の修正予測をサウジアラビアの首都リヤドでの20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議に報告した。(ワシントン 塩原永久)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ