PR

ニュース 経済

超未来型食体験を提案するOPEN MEALSにKonelが参画。

株式会社コネル金沢

 -気象データから季節の造形を生み出す「サイバー和菓子」-

 株式会社コネル(Konel Inc.)は、「寿司テレポーテーション」「寿司シンギュラリティ」といった未来的コンセプトで世界の評判を得たフードテック・プロジェクト OPEN MEALS(オープンミールズ)に参画し、超未来型レストラン構想に向けた取り組みとして、気象データをもとに成形した、実食できる「サイバー和菓子」の制作を担当しました。六本木ヒルズのレストランTHE MOON(ザ ムーン)がMedia Ambition Tokyo※の一環として、2月29日から1カ月間提供します。

 「サイバー和菓子」は、気象データをもとに独自アルゴリズムを開発し、3Dプリンターで成形した和菓子です。気候変動や都市生活により、かつてのように四季を感じられなくなる今、風速・気圧・気温などに応じて形や色が変わる和菓子を通じて、当日の東京の「空」を見て、食べて、楽しむことができます。

気象データ変換アルゴリズム

公式サイト

http://www.open-meals.com/cyberwagashi/index.html

「サイバー和菓子」成形シーン

サイバー和菓子の提供概要

 期間:2020年2月29日(土)から2020年3月29日(日)まで

 場所:THE MOON

 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ 森タワー52階 TEL:03-3470-0052

 メニュー:2種類のサイバー和菓子

 「高気圧」(税抜3,000円・抹茶と最中付き)

 「低気圧」(税抜3,000円・抹茶と最中付き)

 ※一日四部制(12:00 / 13:30 / 15:00 / 16:30)。完全予約制で限定個数を提供します。

 THE MOONで電話予約を承ります。(2月20日以降受付開始)

サイバー和菓子 共創チームメンバー(敬称略)

 ■株式会社電通

 :企画・プロデュース

 ■京都造形芸術大学 / 京都伝統文化イノベーション研究センター(KYOTO T5)

 :伝統工芸を用いたデザイン監修、京都職人のコーディネイト

 ■株式会社クロステック・マネジメント

 :関係機関の仲介・斡旋

 ■坂本紫穗(和菓子作家)

 :和菓子監修

 ■さくらインターネット株式会社

 :データ利用環境の構築

 ■株式会社島津ビジネスシステムズ

 :気象データ・アドバイザー、API提供

 ■武蔵エンジニアリング株式会社

 3Dフードプリンター(Food Innovation Machine)

 ■Konel Inc.

 :リサーチ、エンジニアリング、3Dプリント制御、CG制作、WEB制作、映像制作

Konelクリエイティブチーム

 テクニカルディレクター:荻野 靖洋

 クリエイティブディレクター:宮田 大

 クリエイティブテクノロジスト:Kenji Jones

 エンジニア:白江 崇志

 クリエイティブエンジニア:齊藤 匡佑

 フロントエンドエンジニア:中島 敏順

 フォトグラファー:前川 裕介

 デザイナー:Jay Jung

 プロデューサー:出村 光世

テクニカルディレクター・プロフィール

荻野靖洋

 1985年静岡県生まれ。幼少期から高校生までをアムステルダムで過ごす。フリーランスエンジニアとして活動する傍らで、Konelを共同創業し、WEB/インスタレーション/AI/ロボットなど幅広い技術分野の開発・ディレクションを手がける。宇宙・食・脳波など、まだまだ未開拓なテクノロジーに関心がある。誰にも仕組みがわからない物を作りたいと考えている。知財図鑑の知財ハンターとしての活動も活発に行っている。

オープンイノベーションへの取り組み

 Konelでは今後もアート、テクノロジーを融合させ、大企業・スタートアップ・個人・産学官・国や地域を越境した、先端的なオープンイノベーション型プロジェクトに積極的に参画してまいります。

※ Media Ambition Tokyo

 六本木、渋谷、上野を中心に、恵比寿、飯田橋、台場、御茶ノ水など、都内各所を舞台に最先端のアートや映像、音楽、パフォーマンス、トークショー等が集結するテクノロジーアートの祭典。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ