PR

ニュース 経済

認知度90%超え! PCスキルの国際資格 「マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)」の活用法とは?全国の大学・短期大学へアンケート調査を実施しました

株式会社オデッセイコミュニケーションズ

 累計受験者数430万を超えるマイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)を実施・運営する株式会社オデッセイ コミュニケーションズ(本社 東京、社長 出張勝也)は、このたび全国の大学・短期大学に向けてMOS活用状況についてのアンケート調査を実施いたしました。

 毎年7万人を超える学生が受験する資格試験「マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)」。

 Excel(R)やWordなどのマイクロソフト オフィス製品の利用スキルを証明できるこの資格について、全国の大学・短期大学ではどのように取り組み、どのように活用しているのでしょうか。

■就職関連部門での活用が最多に

 「就職におすすめの資格」として、数多くのランキングで常に上位にランクインするMOS。大学においては、就活を意識する学生が集まるキャリアセンターなどの就職関連部門の活用が最多となる結果となりました。

 具体的には

 「夏休みと春休みにMOS 2016 Word対策講座、MOS 2016 Excel対策講座を実施」

 「授業期間中の正課授業終了後の時間帯及び夏期・春期休業中に、MOS(Word・Excel)対策講座を実施」

 といった取り組みを行っているという声が寄せられました。

■AO入試での活用にも注目

 在学中の資格取得だけでなく、入試においてもMOSを指標として活用していると答えた大学は52校。特にAO入試での活用が最多となっており、今後大学入試においてAO入試がますます広がることが見込まれるため、MOSを活用する大学も増加することが予想されます。

 以上、調査結果から一部を抜粋してお届けしましたが、いかがでしたでしょうか。

 この他、今回の調査では、大学の各部門担当者におけるMOS認知度が90.5%に達していることも明らかになりました。また、同時実施の「学長・総長アンケート『貴大学におけるITスキル教育について』全国調査」では、約60%の学長が、WordやExcel(R)などのアプリケーション操作技能は中学・高校卒業時で習得しているべきと回答し、AO入試でのMOS活用が広がりを見せるひとつの裏付けともなっています。

 気になる両アンケートの結果詳細は、以下サイトよりご覧いただけます。

https://client.odyssey-com.co.jp/academy/research_rslt.html

 ■ 株式会社 オデッセイ コミュニケーションズについて

 MOS以外にも以下の資格試験を実施・運営しています。

 マイクロソフト テクノロジー アソシエイト(MTA)、IC3(アイシースリー)、VBAエキスパート、

 アドビ認定アソシエイト(ACA)、コンタクトセンター検定試験、Rails技術者認定試験、リユース検定、

 ビジネス統計スペシャリスト、統計検定、Pythonエンジニア認定試験、Communication Exam.、PHP技術者認定試験、App Development with Swift

http://www.odyssey-com.co.jp/

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ