PR

ニュース 経済

瀬戸内をテーマにしたメディアアート作品を展示!関西国際空港で文化庁主催の「DEEP JAPAN」開催

関西エアポート株式会社

 関西エアポート株式会社は、関西国際空港第1ターミナルビルの国際線南北到着導線にて、「瀬戸内」をテーマとしたメディアアート作品を展示する「DEEP JAPAN」を2月16日(日)~3月31日(火)の期間で開催しています。本展示は、文化庁が主催する訪日観光客向けの新事業「令和元年度空港等におけるメディア芸術日本文化発信事業」の一環として、せとうちDMO、公益財団法人石川文化振興財団、西日本旅客鉄道株式会社、関西エアポート株式会社の協力のもと実施します。

 関西国際空港では、「DEEP JAPAN」を通じた瀬戸内へのゲートウェイ空港としての認知拡大や、アート作品の展示を通じての瀬戸内エリアの誘客促進と日本文化への興味喚起を目的としており、本展示が魅力的な空港の空間づくりにも寄与するものと考えています。

 期間中は、第1ターミナルビル国際線南側到着導線の約570mにRhizomatiks Research真鍋大度氏の作品「phase」、国際線北側到着導線の約400mにはアーティスト中山晃子氏の作品「渦潮図」を、それぞれ宇川直宏氏のプロデュースにより展示いたします。「phase」は、瀬戸内の波のデータと国際線到着時間のデータから生成するデータビジュアライゼーションの新作。「渦潮図」は、作家が鳴門の渦潮からインスピレーションを受けて表現されたアライブペインティングパフォーマンスの新作です。

Rhizomatiks Research真鍋大度氏の作品
Rhizomatiks Research真鍋大度氏の作品
中山晃子氏の作品
中山晃子氏の作品

 また、3月上旬からはJR関西空港駅構内においてもメディアアート作品の展示を予定しており、空港から鉄道駅を経て瀬戸内エリアに至る一体感を醸成します。

 関西国際空港に到着された多くの観光客の方々に最先端のメディア芸術に触れていただきながら、日本文化の新たな気づき・魅力を伝えていきます。

「DEEP JAPAN」開催概要(第1期)

 日時:令和2年2月16日(日)~3月31日(火)

 場所:関西国際空港 第1ターミナルビル 国際線南北到着導線

 アーティスト:真鍋大度、中山晃子 / クリエイティブ・プロデューサー:宇川直宏

 協力:せとうちDMO、(公財)石川文化振興財団、西日本旅客鉄道(株)、関西エアポート(株)

 主催:文化庁「令和元年度空港等におけるメディア芸術日本文化発信事業」

 ■アーティスト:真鍋大度

 東京を拠点としたアーティスト、インタラクションデザイナー、プログラマ、 DJ。

 2006年Rhizomatiks設立、2015年よりRhizomatiksの中でもR&D的要素の強いプロジェクトを行うRhizomatiks Researchを石橋素氏と共同主宰。身近な現象や素材を異なる目線で捉え直し、組み合わせることで作品を制作。高解像度、高臨場感といったリッチな表現を目指すのでなく、注意深く観察することにより発見できる現象、身体、プログラミング、コンピュータそのものが持つ本質的な面白さや、アナログとデジタル、リアルとバーチャルの関係性、境界線に着目し、デザイン、アート、エンターテイメントの領域で活動している。

 ■アーティスト:中山晃子

 2012 年 東京造形大学 造形学部美術学科絵画専攻領域 卒業。2014 年 東京造形大学 造形学部美術研究領域 修士課程 修了。画家。

 色彩と流動の持つエネルギーを用い, 様々な素材を反応させることで生きている絵を出現させる。絶えず変容していく『Alive Painting』シリーズや、その排液を濾過させるプロセスを可視化し定着させる『Still Life』シリーズなど、パフォーマティブな要素の強い絵画は常に生成され続ける。様々なメディウムや色彩が渾然となり、生き生きと変化していく作品は、即興的な詩のようでもある。鑑賞者はこの詩的な風景に、自己や生物、自然などを投影させながら導かれ入り込んでいく。

 ■クリエイティブ・プロデューサー:宇川直宏(DOMMUNE)

 1968 年香川県生まれ。現” 在” 美術家。映像作家、グラフィックデザイナー、VJ、文筆家、大学教授など、 80 年代末より、さまざまな領域で多岐にわたる活動を行う。2001 年「BuzzClub: News from Japan」(MoMA PS1・ニューヨーク)、「JAM: Tokyo-London」(BarbicanArt Gallery・ロンドン)に参加して以来、国内外の多くの展覧会で作品を発表。2010 年には、日本初のライブストリーミングスタジオ兼チャンネル「DOMMUNE」を開局。

 ■「令和元年度空港等におけるメディア芸術日本文化発信事業」とは:

 文化庁は、「空港等におけるメディア芸術日本文化発信事業」のプロジェクトの一環として『メディア芸術×文化資源 分散型ミュージアム』を国内の空港10箇所程度で順次展開中です。本プロジェクトでは、日本各地域の土壌が育んだ豊かな文化資源をアーティスト・クリエイターたちがその魅力を新たな視点で表現し、各地域の玄関口である空港等で展示いたします。展示されたメディア芸術作品をきっかけに、訪日観光客を日本文化の新しい魅力に出会う旅へと促します。

 本プロジェクトHP https://jmadm.jp/

 文化庁HP https://www.bunka.go.jp/

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ