PR

ニュース 経済

Nextremerが第三者割当増資による資金調達を実施

株式会社Nextremer

 AI社会実装のさらなる加速に向けて

 株式会社Nextremer(本社:東京都板橋区、代表取締役社長 CEO:高橋太一、ネクストリーマー、以下Nextremer)は、三谷産業株式会社(本社:石川県金沢市/代表取締役社長:三谷 忠照、以下 三谷産業)を引受先に、シリーズB投資ラウンドにおいて第三社割当増資を実施いたしました。

 【今回の資金調達について】

 Nextremerは機械学習技術を搭載したAIエンジンの研究開発、製品化を通して、AIの社会実装に取り組んでいます。三谷産業と協働で北陸地区のお客様が抱える課題を解決することで、AIの社会実装の促進による地域の活性化を目指しています。今回の資金調達では、既存プロダクトの更なる改善や、社会実装を加速するための事業基盤の強化、技術開発を図っていきます。

 Nextremerでは、今回の増資に先立ち、2019年5月より金沢AIラボ(三谷産業本社内‐金沢市)を開設しています。今後は、三谷産業の持つ幅広い事業領域と地域ネットワークを強みに、北陸地区のお客様が抱える課題を掘り起こし、Nextremerの持つAI技術(※)を提供していくとともに、地域課題解決に特化したソリューションの創出に取り組んでいきます。

 【Nextremerの事業展望について】

 Nextremerでは、創業当初より機械学習を中心としたAIテクノロジーの社会実装を目指し、研究開発・製品化を行ってきました。近年、少子高齢化や労働人口減少の急速な進行によりAIを活用したサービスへの関心・認知は高まる一方、地方地域での実際の活用率は低いままに留まっているのが現状です。Nextremerは三谷産業などのパートナー企業と連携して地方地域の課題解決に向けたAIソリューションの活用促進、また、さまざまな規模のお客様でも取り組みやすい価格帯のAI製品を提供することで、地方地域の企業、地域全体の活性化を図っていきます。さらに子会社(株式会社dataremer(データリーマー))によるAIデータラベリング事業、AIシステム導入後の運用支援、アウトソーシングサービスなど、グループ全体で地方地域でのAIの社会実装を加速するサービスを提供していきます。

 (※)NextremerAI技術

 Nextremerでは、自社研究開発や他社との共同研究を通して培った自然言語処理エンジンや画像認識エンジンといった各種AIエンジンを保有しています。AI関連技術を保有していない、またはAI関連技術の機能拡張を求めるシステムインテグレーターなどにAIエンジンのライセンス提供が可能です。また、自社AIエンジンを活用した機能特化型AIプロダクトもリリースしています。さらにAIを活用した業界特化型のソリューションとして、不動産業界に特化したソリューションの共同リリースにも取り組んでおります。事例など詳細についてはお問合せください。

 ■三谷産業グループについて(https://www.mitani.co.jp/

 三谷産業グループは、化学品、樹脂・エレクトロニクス、情報システム、空調設備工事、住宅設備機器、エネルギーの6つの事業を持つ複合商社です。1928年に金沢で創業して以来、現在は、金沢と東京の二本社体制を持つ三谷産業株式会社を中心に、子会社28社(日本18社、海外10社)で事業展開しています。商社でありながらも、製造・物流などの機能をあわせ持ち、さらに技術部門とも連携した提案型営業を推進しています。また、時代に先駆けて自らを変化させるべく、スタートアップ企業との協業などを通じて最新技術の活用や新規ビジネスの創出を推進し、お客様にとっての最適を追求しています。

 ■株式会社Nextremerについて(https://www.nextremer.com/

 東京、高知および金沢に拠点を置くAIの社会実装を推進するベンチャー企業です。AIをより社会に受け入れやすい形で製品化することで、より多くの人がテクノロジーの恩恵を受けられる世の中の実現を目指して、AI社会実装事業(AIエンジンライセンス、AIプロダクト)、AIシステム開発・研究開発を行っています。最近では”AIを地方にも、地方からもAIを”というメッセージを掲げ、AIを活用した地域課題の解決にも取り組んでいきます。さらには量子コンピュータ等の先進技術におけるアルゴリズムの研究開発、他企業との共同研究なども推進しています。テクノロジーの社会実装を推進し、少子高齢化社会における代替労働力の維持向上を通じた、社会全体の生産性向上と持続可能な社会成長の実現を目指していきます。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ