PR

ニュース 経済

「世界らん展2020-花と緑の祭典-」コンテスト初出展 T&Gのフラワーコーディネーターがフラワーデザイン部門で『トロフィー賞』を受賞!

T&G

 全国でウェディングプロデュースを手がける株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:岩瀬 賢治)は、当社のフラワーコーディネーター 手束友紀が、人気イベント「世界らん展2020-花と緑の祭典-」内で開催されたコンテストで入賞したことをお知らせいたします。

 今回コンテストに初出展となる手束は、シンビジウムのルージュ、パフィオ、ゴールドにスプレーしたアンスリウム、多肉植物の十二の爪などを使用し、アスリートに大きな拍手が降り注ぐ様子をブーケで表現。降り注ぐ大きな拍手を激しい雨に例え、「篠突く雨」というタイトルを作品につけました。

 フラワーデザイン部門では、技術的完成度をみる「テクニック」、斬新さや独創性をみる「オリジナリティ」、色合いの美しさをみる「カラーハーモニー」、蘭と他の花植物との融合性や、作品全体の構成力をみる「完成度」の4つのポイントで審査が行われます。手束は、当社結婚式場における会場装花やウェディングブーケ制作などで磨いたスキルを存分に生かし、フラワーデザイン部門の一次審査を通過した63作品の中から12名のみ選ばれる『トロフィー賞』に選出されました。

 受賞作品は、21(金)までのイベント開催期間中、会場内に展示されます。蘭を使ったフォトジェニックな展示をはじめ、会場いっぱいに花と緑が広がるイベント内にて、当社フラワーコーディネーター 手束の受賞作品をぜひご覧ください。

 ■入賞作品

 タイトル:篠突く雨

 コンセプト:アスリートに向けて拍手が大雨のごとく降り注ぐように願いを込めて。大雨の力強さをアスリートの強さに重ね、強さを感じる攻めのブーケに。

 使用花材:シンビジウムのルージュ、パフィオのブラウン、アンスリウム(ゴールドに色付け)、ヘデラベー、多肉植物の十二の爪、コアラファン、チランジア、アスチルベのスカイパープル、ハートカズラ、ゼンマイ

 ■イベント概要

 名称:世界らん展-花と緑の祭典-

 開催場所:東京ドーム 〒112-0004 東京都文京区後楽1-3-61

 営業時間:2/14(金)12:00~21:00、2/15(土)、18(火)~20(木)10:00~21:00、2/16(日)、17(月)、21(金)10:00~17:30

 HP:https://www.tokyo-dome.co.jp/orchid/

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ