PR

ニュース 経済

資生堂グローバルイノベーションセンター(S/PARK)の期間限定企画展「サステナブルビューティーガーデン」に、フラワーサイクリストが制作協力

株式会社RIN

 2020年2月19日~20日パシフィコ横浜で開催するサステナブルブランド国際会議(*1)に先駆け、資生堂の研究開発拠点 資生堂グローバルイノベーションセンター(S/PARK)(*2) では、「サステナブルビューティーガーデン」をスタート。株式会社RIN(代表:河島春佳)は、直径3m以上のフラワードームを始めとした、廃棄予定の花材(*3)を再利用した装飾を行いました。

"SUSTAINABLE BEAUTY GARDEN" 装飾概要

 約1万5000本の花を用いた直径3mにも渡るフラワードームと、会場の入り口から続くドライフラワーで作ったガーデン。使用している花材の8割はロスフラワーです。(結婚式で使われた花材、一度装花として店舗で飾られたものや、花農家で廃棄予定だった規格外の花をドライにして使用)

展示期間:

 2月~4月

 11時~18時(日曜定休日)

場所:

 資生堂グローバルイノベーションセンター

 2階 S/PARK Museumの企画展示スペースFUTURE ZONE

 〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島1丁目2-11(最寄り駅 新高島駅)

https://spark.shiseido.co.jp

入場料:

 無料

用意している体験コンテンツ:

 ・フォトスポット

 ・iPadを用いて資生堂の取り組みを知ることができるコーナー(*4)

 ・自由な発想で色を楽しむぬりえコーナー

フラワーサイクリスト 第一人者 河島 春佳 より コメント

 今回、日本の美容業界のサステナブルな活動を牽引する資生堂さんの、このような企画に携わらせて頂きとても光栄です。

 廃棄花問題はSDGsの一つのゴールでもある「つくる責任つかう責任」にも当てはまる項目ですが、まだまだロスフラワーの認知度が低いので、少しでもこの装飾をきっかけに世界で興味を持つ人が増えたら嬉しいです。

報道関係者の皆様へ、取材のお願い

 今回の企画や、河島への個別取材について、随時受け付けております。

 お手数お掛けしますが下記フォームよりお問い合わせ下さいませ。

【取材申し込みフォーム】

https://forms.gle/FAVgMxXnbWssn5ec8

制作会社

 株式会社 ティー・ケー・オー http://www.tkonet.jp/

 株式会社AOI Pro. https://www.aoi-pro.com/jp/

  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

(*1) サステナブル・ブランド国際会議2020横浜

https://www.sustainablebrands.jp/event/sb2020/

 世界各国の企業が一同に集まりSDGsをはじめとした社会課題についてディスカッションする、来場者数2000名越えの大きな国際会議。

(*2) S/PARK(エスパーク)

https://spark.shiseido.co.jp/

 「資生堂グローバルイノベーションセンター(S/PARK)」は、横浜・みなとみらいに2019年4月にオープンした資生堂の最新研究所です。ここの1階と、2階は“美のひらめきと出会う場所”をテーマとした、誰でも自由に訪れることができる美の複合体験施設となっています。

(*3) 花材回収先

 某美容メーカーのクリスマスリース、期間限定ビーガンカフェ u omotesandoのロスフラワーアーチをはじめ、結婚式で使われた花材、花農家で廃棄予定だった規格外の花等。

(*4) サスティナブルフラワードームの中に隠れた「リボンの付いたリース」に、専用のiPadをかざすと、サステナブル ビューティーに関する情報をご覧頂くことが出来、さらにオリジナル待ち受けをプレゼント。

会社概要

 株式会社RIN

 代表者:河島 春佳

 所在地:〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町12-29-1

 Address:rin.lossflower@gmail.com

 HP:http://harukakawashima.com/wp/info/

 ビジョン:~世界の花業界に新しい風を~

 ミッション: 花のロスを減らし花のある生活を文化にする

 事業内容:ロスフラワーを用いた空間装飾や、サステナブルなプロモーション事業 等

河島 春佳(かわしま・はるか)

 長野県生まれ。大自然の中で幼少期を過ごし自然を愛するようになる。東京家政大学服飾美術学科卒業。生花店で働く中で廃棄になる花の多さにショックをうけたことから、独学でドライフラワーづくりを学び、フラワーサイクリストとしての活動を始める。自身のブランド「Fun Fun Flower」を立ち上げ、アクセサリー委託販売、ワークショップや装飾など幅広く活動中。2018年にはFacebookの告知だけでクラウドファンディングし、パリでワークショップと花留学を実現する。2019年12月3日株式会社RIN を立ち上げ、全国のロスフラワーを回収すべく活動の幅を広げている。

 instagram:https://www.instagram.com/haruka.kawashima/

 〈参考インタビュー記事〉

 廃棄予定の花に新たな価値を与えるフラワーサイクリスト

https://ideasforgood.jp/2019/12/17/harukakawashima/

 * Special Thanks *

 フラワーサイクリストサポートメンバー

 Yuki・Rieko・Yuno・Yayoi・Rie・Aoi・Ayumi・Sayaka・Hitomi・Shota・Kanako・Natsuko・Miwa・Yukino・Yurie・Ai・Haruka・Natsumi・Risa・Yuta

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ