PR

ニュース 経済

シングルモルト・スコッチウイスキー「ブルックラディ ブラックアート 1994 (Edition 07.1)」新発売のご案内

RCJK.K.

 希少な90年代の原酒を使用したアイラ島の秘宝

 Remy Cointreau Japan株式会社(レミー コアントロー ジャパン/東京都港区)は、スコットランド アイラ島のシングルモルト・スコッチウイスキー 「ブルックラディ ブラックアート 1994 (Edition 07.1)」を2020年3月16日(月)より出荷を開始いたします。

 「ブルックラディ ブラックアート」は、ブルックラディ蒸留所のヘッド・ディスティラーが、特別に厳選したキュヴェシリーズです。原酒の組み合わせも、その創造主であるヘッド・ディスティラーのみぞ知る数量限定品であり、どの作品も、熟成庫に眠る全カスクの中から、 極めて特別なカスクをヘッド・ディスティラーが選び出し、ボトリングしています。

 当「ブラックアート1994年」ヴィンテージは、重要な意味を持っています。1994年はブルックラディが閉鎖された年であり、その間もこの原酒は貯蔵庫で生き続け、そして現在までの蒸留所の再興を見守り続けていました。

 ヘッド・ディスティラーのアダム・ハネットは、「このスピリッツは、前オーナーから前マスター・ディスティラーのジム・マッキュワン、そして私たちの世代へと引き継がれたもの。閉鎖の直前に生まれ、蒸留所が忘れ去られている間も貯蔵庫で生き続けていたのだ。この25年を経たウイスキーには、先人の意思を継ぐ思いがクオリティとして表れている。その志を胸に仕事ができることを誇らしく思う」と語っています。

ヘッド・ディスティラー アダム・ハネット

 ■商品詳細

 商品名

 ブルックラディ ブラックアート 1994

 BRUICHLADDICH BLACK ART 1994

 アルコール度数/容量

 48.4度/700ml

 希望小売価格(本体)

 36,000円

 □ブラックアート 生産数量限定シリーズ 第7弾

 □アダム・ハネットによる、3作目のブラックアート

 □ 1994年ヴィンテージ

 □25年熟成

 □ノンピート・アイラ・シングルモルト・スコッチウイスキー

 □カスクの種類:アダム・ハネットのみぞ知る

 □アルコール度数48.4%

 □ノン・チルフィルター、着色料無添加

 □世界限定12,000本 シリアルナンバー入り

<色>

 トゥニー(黄褐色)

<香り>

 驚くほど複雑な香りの中に、重要な役割を果たした樽一つひとつの存在が感じられる。グラスからはアロマが次から次へと、まるで整然と秩序を保つかのように立ち上がる。最初に香るのはリッチなマジパン、続いてクルミ、カスタードプリン、ロクム(トルコ求肥)、ほのかなストロベリー、すみれ、そしてココナッツ。

 プラム、洋ナシのシロップ煮、レーズン、グレープフルーツの重厚なフルーツ感に続き、香りがさらに開くにつれて、ウッディなスパイス感、ナツメグ、焦がしたオーク、ローストしたコーヒー豆、そして黒砂糖が現れる。鼻腔を満たす圧倒的な喜びを堪能し、フレーバーの深淵を探求してほしい。

<味わい>

 力強さを感じさせるわずかにシャープな味わいを覆うように、サテンのような滑らかなテクスチャーが舌を包み、とろみと丸みを帯びた味わいが口に広がる。オークの力強さと落ち着きが、いくばくかドライな印象を与えるが、ココナッツ、ロクム、ソフトキャラメル、オレンジのスパイス煮の波が同時に押し寄せ、オークとフルーツの層が柔らかく溶けて混ざり合う。

 多彩な要素が絡み合う味わいは、一口堪能するごとに新たな次元の発見をもたらしてくれるだろう。香りの複雑さに比べるとシンプルな味わいながら、その中にウイスキーのアロマを際立たせるうえで欠かせないバランス、テクスチャー、明瞭なスタイルを見いだすだろう。

<フィニッシュ>

 この驚くほど濃密なテクスチャーは、味わいが永遠に続くかのようにいつまでも舌に留まり、余韻を長引かせる。ローストしたナッツにトロピカルフルーツ、焼きパイナップル、バタースコッチが続き、確かに記憶に残る甘さを紡ぎだす。

<ムード>

 創作過程が謎に包まれたウイスキーというのは好奇心を刺激するものだ。過去を振り返り、未来の可能性を迎え入れる瞬間。それがブラックアート07.1だ。

 ブルックラディ蒸留所について

WE BELIEVE TERROIR MATTERS. -私たちはテロワールが重要だと信じている。

 ブルックラディ蒸留所は、ヘブリディーズ諸島、アイラ島の西海岸沿いにあり、1881年に設立された当時のままの伝統的な蒸留設備と、革新的なウイスキーづくりが見事に融合した蒸留所です。

 ブルックラディのウイスキーには蒸留所の信念が語られています。それは、ウイスキーは信頼性を持つべきだ、という考えです。どこで蒸留 され、どこで熟成されたのか。テロワールはそれがつくられた土地や原材料の大麦や水について語り、人の魂がスピリッツに命を与えるのだと信じています。

 テロワールを重んじ、徹底して原産地を追及したブルックラディのウイスキーは、100%スコットランド産の大麦を原料につくられています。また、アイラ島大手の中では唯一全てのウイスキーをアイラ島内で熟成し、ノンチルフィルター、着色料無添加でボトリングしています。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ