PR

ニュース 経済

プログラミング学習のProgate、国内全従業員に在宅勤務又は時差出勤を推奨開始

株式会社Progate

 株式会社Progate(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:加藤將倫、以下、当社)は、2月17日(月)、国内での新型肺炎の感染拡大を受け、国内45名の全従業員を対象に在宅勤務又は時差出勤の推奨を開始しました。まずは2週間の予定ですが、新型肺炎の流行状況次第で延長も視野に入れています。従業員の健康を守りながら、ユーザーの皆さまや事業への影響を最小限に抑えるよう運用面での検証を行い、2月中に制度化の準備をしてまいります。

【概要】

対象:国内全従業員45名

実施期間:2月17日(月)~2月28日(金)

内容:基本的に在宅勤務(リモートワーク)を推奨。法的手続きや顧客対応など業務上止むを得ない場合のみ出社。出社する場合は満員電車を避け、時差出勤を推奨。

【在宅勤務導入に向けた課題と取り組み】

 これまで当社は対面での社内コミュニケーションを重視してきたため、全社的にはリモートワークを推進してきませんでした。今回、緊急対応として従業員の健康を優先し導入に踏み切りましたが、「コミュニケーション面」と「セキュリティ面」に2つにおいて大きな課題がありました。それについて、まずは以下の取り組みを行うことを決定しました。

1. Slackにリモートワーク専用チャネルを作成しコミュニケーションを促進

 社内コミュニケーションツールとして普段から活用しているSlack内に、今回のプロジェクト専用の「all_remote_communication」チャネルを作り、メンバーがいつも以上に雑談などをしやすいようオンラインでのコミュニケーションを促進しています。また、オンラインでも気軽に質問がしやすいよう、「all_question」という質問専用チャネルも用意し、全員がリモートワークでも業務効率が落ちない工夫をしています。

2. VPNの発行及びフリーWifiへの接続禁止でセキュリティに配慮

 これまで海外拠点の従業員や出張者に限定していたVPNを、今回国内の全従業員に発行します。また、フリーWifiの使用禁止を徹底し、セキュリティに配慮します。

 まずは本日から2週間の検証期間で、従業員の健康と業務効率維持の両立のための最善の方法を確立します。長期的には就業規則の改訂や雇用契約書の見直し、勤怠管理などしかるべき対応を行いながら、制度化に向けて取り組んでまいります。

【株式会社Progateについて】

 株式会社Progateは、「Be the gate, be the path」をミッションに、プログラミングというエキサイティングな世界へのゲート(入口)となり、さらにそこから自走するエンジニアになるまでのパス(道のり)となることを目指して、プログラミング学習サービスを展開しています。手間のかかる環境構築が不要で、ブラウザ上でプログラミング学習ができる画期的なシステムをご支持いただき、2014年7月の創業から5年で100万人以上のユーザーを抱える国内最大級のオンラインプログラミング学習サービスに成長しました。

 2017年10月には英語版、2018年1月にはアプリ版もリリースし、海外展開も強化しています。

 Progate web : https://prog-8.com/ (日本語版)

https://progate.com/ (英語版)

 Progate app:

 App Store URL: https://itunes.apple.com/jp/app/id1335868128?mt=8

 Google Play Store URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.progate

株式会社Progate 代表取締役 加藤 將倫 (かとう まさのり)

 【会社概要】

 会社名: 株式会社Progate

 代表者: 代表取締役 加藤 將倫 (かとう まさのり)

 所在地: 渋谷区神宮前6-19-20 第15荒井ビル9階

 設立 : 2014年7月31日

 事業 : プログラミング学習サービス

 資本金: 1.57億円

 URL : https://prog-8.com/about

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ