PR

ニュース 経済

シャープが5Gスマホ発表 中韓メーカーに対抗

新製品を紹介する関係者=17日午前、東京都港区(三尾郁恵撮影)
新製品を紹介する関係者=17日午前、東京都港区(三尾郁恵撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 シャープは17日、国内で初めて第5世代(5G)移動通信システムに対応したスマートフォン「AQUOS(アクオス) R5G」を発表した。5Gのサービスが本格化する今春にも投入する。スマホメーカー同士の競争が激化する中、国内勢ではいち早く投入することで先行する韓国や中国勢に対抗し、高い性能を求める層のニーズを取り込む。

 新商品は、5Gの特徴である「高速・大容量」を生かし、映画などの大容量データを数秒でダウンロード可能。データを受信しながら閲覧する「ストリーミング」も快適になった。

 カメラ機能も向上。アクオスシリーズでは初めて8Kの超高精細画像を撮影可能になった。また、独自開発した人工知能(AI)により、動画に映った人や犬などのペットを自動で認識し、ズームして再生する「フォーカス再生」機能も搭載した。

 価格は非公表だが、現在市場に出回る高級機種の値段と同程度の価格を想定している。 

 スマホのほか、5Gに対応した持ち運び可能なルーターの発売も発表。タブレット端末やパソコンなど複数の機器を同時接続し、5Gの快適な通信環境をシェアできる。

 17日に都内で開かれた発表会で、同社は令和3年度中にアクオスシリーズの全スマホを5G対応にする計画を発表。中野吉朗執行役は「5Gの本格化でユーザー体験は劇的に変わる」と強調した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ