PR

ニュース 経済

日本橋三越にビックカメラ 高級家電、富裕層取り込み

日本橋三越本店内のビックカメラの売り場=6日、東京都中央区
日本橋三越本店内のビックカメラの売り場=6日、東京都中央区

 日本橋三越本店(東京都中央区)に家電量販店のビックカメラがテナントとして入店し、7日オープンした。約360万円の大型8K有機ELテレビなど高級家電をそろえ、百貨店の主な顧客層である富裕層の取り込みを図る。

 「ビックカメラ 日本橋三越」は日本橋三越本店の新館6階部分で約1200平方メートルの広さ。売り場の一角には通常のビックカメラで取り扱わない高額な家電を並べ、ソファに座って話せるゆったりした商談スペースも設けた。美容家電や高級スピーカー、デザインを重視した家電などの売り場もある。

 販売員の服装も通常の赤いベストではなく、スーツを着用し高級感を演出した。三越の外商部門とも連携して商品の提案を行うという。

 一方、ヤマダ電機も東京都豊島区の「LABI1 日本総本店 池袋」を改装し、昨年12月に子会社化した大塚家具の商品を取り扱うフロアを7日オープンした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ