PR

ニュース 経済

5G基地局、景観に配慮 マンホール型や街路灯型

 KDDIの基地局を備えたLED街路灯(同社提供)
 KDDIの基地局を備えたLED街路灯(同社提供)
その他の写真を見る(1/3枚)

 今年春から商用サービスが始まる第5世代(5G)移動通信システムで、携帯電話大手各社はマンホール型や街路灯型といった街の景観に溶け込むように配慮した基地局を開発しようと工夫を凝らしている。4Gに比べ電波が遠くまで届きにくく大量の基地局が必要で、設置場所の確保が難しい観光地や都市部での活用を見込んでいる。

 NTTドコモは、電波を通しやすい素材でできたマンホールにアンテナを埋設し、地下で通信ケーブルに接続する仕組みづくりを進めている。テーマパークなど電柱のない場所を通信エリア化するのに向いているという。

 KDDIが普及を見据えるのは基地局を備えた発光ダイオード(LED)街路灯だ。特に景観の良さを売りにする観光地の需要を見込んでおり、同社の担当者は「5Gの基地局は見え方にも配慮しないといけない」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ