PR

ニュース 経済

大手銀、新型店舗で競う 相談に特化、土日も営業

 大手銀行が工夫を凝らした新型店舗で競っている。インターネットバンキングやキャッシュレス決済の普及を背景に来店客数が減少傾向を強めていることに対応し、相続や資産運用といった個人向けの相談業務に特化したり、土日も営業したりするなど、顧客重視を前面に打ち出している。

 三菱UFJ銀行は今月20日、東京都内のビルの8階に個人客の相談を専門とする「市ケ谷コンサルティングオフィス」を開いた。預金の引き出しなどに応じる窓口や現金自動預払機(ATM)は設置していない。

 三井住友信託銀行は昨年12月、東京都渋谷区の2店舗を統合した新店を同じ区内の商業施設にオープンした。祝日は休業だが、平日は午後8時まで、土日は午後6時までと営業時間を長くして利便性を高めた。橋本勝社長は「優れた立地を最大限に生かし、個人ビジネスをけん引する」と意気込む。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ