PR

ニュース 経済

NY株続落、170ドル安 肺炎懸念、2万9千ドル割れ

 24日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は4日続落した。前日比170・36ドル安の2万8989・73ドルとなり、2万9000ドルを割り込んで取引を終えた。新型コロナウイルスの感染による肺炎拡大への懸念から売りが優勢となった。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数も87・57ポイント安の9314・91と下げが目立った。ニューヨーク原油先物相場は指標の米国産標準油種(WTI)の3月渡しが約3カ月ぶりの安値水準をつけた。

 朝方はインテルの好決算を好感し、半導体関連銘柄を中心に値を上げ、ナスダックは取引時間中の最高値を更新した。だがその後、米国内で2人目のウイルス感染者が確認され、リスク回避や手じまいのための売りが加速。ダウ平均の下げ幅は一時300ドルを超えた。

 銘柄別では、化学のダウや医薬品のメルクが売られた。半導体のインテルは大幅に上昇した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ