PR

ニュース 経済

すかいらーくHD、「ガスト」「ジョナサン」の24時間営業を全廃へ 人手不足で4月までに

その他の写真を見る(1/2枚)

 ファミリーレストラン最大手のすかいらーくホールディングス(HD)は20日、4月までに24時間営業を全店で廃止すると発表した。非24時間営業の一部店舗でも深夜の営業時間を短縮する。人手不足を背景にした働き方改革への意識の高まりやライフスタイルの変化から深夜の売り上げが減少傾向で、来店客数の多いランチや夕食時間帯に人的資源を集中させ、経営効率化を図る。

 同HDが展開する「ガスト」や「ジョナサン」などで24時間営業の店舗数(昨年12月末現在)は155店舗あるが、今月から4月にかけ、段階的に全店で24時間営業を取りやめる。またこの155店舗を含む566店舗で深夜の営業時間を平均で約2時間半短縮する。1日当たりの全店舗の総営業時間は約1300時間短縮される。

 同HDは業界に先駆けて、昭和47年から24時間営業を実施したが、近年は深夜にファミレスを利用する若者らが減少。働き方改革の流れなどもあり、実施店舗数を平成21年の728店舗から段階的に減らしていた。今後は注文用のタブレット端末の設置を増やすなど業務効率化にも取り組むとしている。

 店舗の24時間営業をめぐっては、ファミレス業界でロイヤルHDが「ロイヤルホスト」で平成29年1月までに全廃したほか、セブン-イレブン・ジャパンなどコンビニエンスストア業界でも時短営業容認の流れが強まっており、今後も見直しの動きが強まりそうだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ