PR

ニュース 経済

マネックスが投資顧問会社を設立 投資先企業との対話促進

 インターネット証券大手のマネックスグループは16日、投資助言を手掛ける子会社「カタリスト投資顧問」を設立したと発表した。投資先企業との対話を促進し、企業価値の向上や運用益の増加につなげるのが狙い。株式市場の活性化や投資家への利益還元を目指す。

 今後グループ内で立ち上げる投資ファンドに助言する。国内の個人投資家の資金を中心に集め、将来的には数千億円規模を運用する計画だ。松本大社長は東京都内で記者会見し「運用能力を強化し、顧客の資産形成に貢献する」と述べた。

 ネット証券業界は競争激化で各種手数料のゼロ化が進んでいる。松本氏は「ビジネスモデル転換の旗頭としたい」と語り、資産運用の分野を新たな収益源に育てる意向を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ