PR

ニュース 経済

iPhone版「YouTube」アプリの「登録チャンネル」に「トピック」フィルター機能

 米Googleは1月15日(現地時間)、iOS版「YouTube」アプリの「登録チャンネル」タブで動画を目的別にフィルタリングできる「トピック」機能を追加したと発表した。

 登録チャンネルタブの画面上部にカルーセル状(横スクロールで閲覧できる状態)に表示されるチャンネル一覧の下に、やはりカルーセル状にトピックが並ぶ。

新機能の告知
新機能の告知

 トピックは「すべて」「今日」「続きを見る」「未再生」「ライブ」「投稿」の6つで、右端には設定ボタンがある。この設定では、投稿をトピックとして表示するかどうかを選択できる。

 例えば「続きを見る」は再生して中断したままになっている動画が、「未再生」はまだ見ていない動画が、「ライブ」はライブストリーミング中の動画とYouTubeプレミアムの動画がリストアップされる。「投稿」には動画ではなく、登録しているチャンネルへの投稿が表示される。

 Googleによると、この機能のテスト段階で、チャンネル登録者による新動画検索が活発になったという。

 GoogleはAndroid版については特に言及していない。(ITmedia Mobile)

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ