PR

ニュース 経済

トヨタ、空の移動事業参入 米企業に430億円出資

トヨタ自動車の出資先企業が開発する垂直離着陸機「eVTOL」
トヨタ自動車の出資先企業が開発する垂直離着陸機「eVTOL」

 トヨタ自動車は16日、「空飛ぶタクシー」向けの機体開発に取り組む米企業に対して3億9400万ドル(約430億円)を出資し、空の移動事業に参入すると発表した。大手航空機メーカーなども機体開発に乗り出しており、次世代の輸送手段をめぐる開発競争は一段と激化しそうだ。

 トヨタの出資先は、電動の垂直離着陸機の開発を進めている米カリフォルニア州の「Joby Aviation」。トヨタは車の生産や電動化の技術開発の知見を生かし、空の移動事業の早期実現を目指す。

 トヨタの豊田章男社長は、空の移動の実用化はトヨタ創業以来の夢だったとし「今回の協業により、空にも移動の自由と楽しさを届けるモビリティー(乗り物)の実現に貢献できることをうれしく思う」とのコメントを出した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ