PR

ニュース 経済

“健康本キング”小林弘幸教授の新刊、発売即増刷! 「グーパー体操」28種類のスゴい若返り効果!

株式会社光文社

 「スクワット」「みそ汁」など数々の健康ブームを作ってきた、小林弘幸教授の最新作『死ぬまでボケない 小林式グーパー体操』を2019年11月20日に発売いたしました。好評につき、発売即増刷! グーパー体操が自律神経にもたらす効果や、体操の一部を紹介します。

著者・小林弘幸教授

『小林式グーパー体操』は「スクワット」「みそ汁」……数々の健康ブームを作ってきた小林式健康術の決定版! グーパーの動きだけで末端の毛細血管の血流がアップし、全身の血の巡りがよくなります。ギュッと握ってパッと開くだけで?管が若返る。いままでの健康法で長続きしなかった人のための、いつでもどこでも誰でもできる世界一“ラク”なエクササイズ。

何もしなければ、あなたの体は着実に老けていく

 1.“脳の老け”は日々のストレスから!

 脳がストレスを感じると「コルチゾール」というホルモンが分泌されます。それが過剰になると脳細胞を破壊、認知症やうつ病にも深く関わっていると考えられています。

 2.“見た目の老け”は毛細血管の減少から!

 血管の99%を占める毛細血管は、「栄養血管」ともいわれ、酸素や栄養を体の隅々まで運び、健康状態を維持する役割を持っています。これが60歳以上になると、20代と比べて40%減少しているという報告もあります。

 3.“体調不良”は自律神経の乱れから!

 呼吸や血流、内臓器官をコントロールする「自律神経」は交感神経と副交感神経に分かれています。血管は、交感神経が強く働いているときは収縮し、副交感神経が強く働いているときに拡張しますが、女性は40歳から男性は30歳から副交感神経の働きが弱くなっていきます。この2つの自律神経のバランスが崩れることで血流は滞り、免疫力も低下します。

毎日1分のグーパー体操で「脳の活性化」と「血管の再生」を

 1.グーパー体操は、脳の1千億個以上ある神経細胞を効率よく刺激して、脳の血流をアップ。これによって、アミロイドβ(アルツハイマー型認知症の原因のひとつ)のような老廃物を排出しやすくなり、認知症のリスクを低減できます。

 2.グーパー体操は、年齢とともに消滅していく毛細血管を「再生」させてくれます。毛細血管が多く集まっている手のひらを刺激することで、残っている毛細血管の先端ギリギリまで酸素や栄養が送り届けられるようになります。

 3.グーパー体操は、血流を制御する「自律神経」を整える効果があります。自律神経の乱れは、最終的には血管を傷つけて重篤な病気を誘発するもの。上手に調整できれば健康寿命を延ばすことにもつながります。

順天堂大学の研究室や小林先生のクリニックの実験でも、

 ?流アップと?管のやわらかさの改善効果が認められました。

グーパー自律神経実験の結果。グーパーをすることで、副交感神経の働きがさらにアップ。末梢の血流がよくなり、血管の弾性度が大幅に上昇。血管がやわらかくなったことが確認されました。

効能つき「実践グーパー体操」28種類を紹介

 高血圧予防、認知症予防、冷え解消、首こり・肩こり解消、更年期障害解消、

 骨粗しょう症予防、免疫力アップ、腰痛解消、不安解消など、効能別に紹介。

 【体操サンプル】

グーパー体操基本形、足のグーパー体操基本形
グーパーウオーキング&階段昇降、アイシンググーパー、グーパースクワット、全身のばしグーパー

 【書籍情報】

 書名:『寝たきりでもできる!死ぬまでボケない「小林式グーパー体操」』

 著者:小林弘幸

 発売:光文社

 発売日:2019年11月20日

 体裁:A5判ソフト

 定価:本体1,200円+税

 【小林弘幸さんプロフィール】

 1960年埼?県生まれ。順天堂大学医学部教授、日本体育協会公認スポーツドクター。スポーツ庁参与。自律神経研究の第一人者にして腸のスペシャリスト。『死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい』(幻冬舎)『医者が考案した「長生きみそ汁」』(アスコム)などがベストセラーに。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ