PR

ニュース 経済

LINE Creators Market、2019年12月度のLINEスタンプLINE着せかえ、LINE絵文字における月間MVPが決定

LINE株式会社

 スタンプ部門は冥土商工組合さん、着せかえ部門はジョイネットさん、絵文字部門はヨッシースタンプさんの作品が受賞!

 LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、LINEスタンプを制作・販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」https://creator.line.me の2019年12月度の月間MVPが、スタンプ部門は冥土商工組合さんの『丁寧な暮らしをする餓鬼』、着せかえ部門はジョイネットさんの『ゆるだらちゃん』、絵文字部門はヨッシースタンプさんの『うさぎ&くま100% 冬絵文字』に決定しましたことを、お知らせいたします。

 「LINE Creators Market」は、世界中のLINEユーザーがLINEスタンプ/LINE着せかえ/LINE絵文字を制作・販売することができるプラットフォームです。販売中のスタンプは490万セット*1を突破、LINEクリエイターズスタンプから誕生したキャラクターがグッズ化・アニメ化されたり、企業とのコラボレーションを行ったりする事例も数多く生まれています。また、毎月のダウンロード数ランキングを元に優秀な作品を表彰する「月間MVP制度」を設けており、受賞者にはLINE公式アカウント開設権などの特典が与えられ、クリエイターの創作活動の場のひとつとして成長を続けています。

 *1:2019年5月時点

 そして、2019年12月度のMVPのスタンプ部門はSNS上でも話題になっている、冥土商工組合さんの『丁寧な暮らしをする餓鬼』、着せかえ部門はジョイネットさんの、ゆるっとした表情の女の子が可愛らしい『ゆるだらちゃん』、絵文字部門はヨッシースタンプさんによる、クリスマスやお正月など、冬のイベントに最適な『うさぎ&くま100% 冬絵文字』に決定いたしました。

LINEスタンプ部門

 1位:丁寧な暮らしをする餓鬼 / 冥土商工組合

 2位:犬と猫 4 / hidekicchan

 3位:ラッコズ / CHOCOLATE Inc.

 4位:目付きの悪い猫5 / いけやけい

 5位:うさぎ帝国 その4 / endo

 6位:ハムスター助六の日常 【冬】 / GOTTE

 7位:五月女ケイ子の淑女のご挨拶スタンプ / EGG PARADISE Co.,Ltd.

 8位:酒飲みによる酒飲みのためのスタンプ / osios

 9位:スーパーブス その15 / ガク

 10位:大人女子のやさしい冬☆~ / メルテュード

LINE着せかえ部門

 1位:ゆるだらちゃん / ジョイネット

 2位:もふピヨ(冬) / さんぽいも

 3位:あざらしさんきせかえカラフル / グレー

 4位:ゆるだらくん / ジョイネット

 5位:しばんばん 4 / 株式会社マインドウェイブ

 6位:ごろごろごろごろにゃんすけ4 / 株式会社マインドウェイブ

 7位:【毒舌あざらし&ゲスくま】Xmas-2019- / ジェリーフィッシュ

 8位:突撃!ラッコさん ラッコ神様&ラッコ神主編 / ジグノシステムジャパン

 9位:うさぎのムーちゃんの着せかえ / 株式会社マインドウェイブ

 10位:ゆるくま7 / my

LINE絵文字部門

 1位:うさぎ&くま100% 冬絵文字 / ヨッシースタンプ

 2位:おしゃかわくまちゃんと吹き出し絵文字 / あんきち

 3位:ともだちはくま(絵文字)2 / さいきたむむ

 4位:おしゃかわくまちゃんと吹き出し絵文字2 / あんきち

 5位:大人派手カワ(ハート)絵文字 / ぴよたぬき(ハート)

 6位:ともだちはくま(絵文字)お着替え / さいきたむむ

 7位:大人のほんわか絵文字5 【冬】 / ひらりーー

 8位:大人可愛い♪カラフル(ハート)パステル / ぴよたぬき(ハート)

 9位:THE(ハート)シンプル絵文字【colorful】 / noamaman

 10位:大人女子の日常(ハート)丁寧なふきだし絵文字 / 紅おれんじ

【月間MVP制度とは?】

 スタークリエイターの発掘を目的に、2015年5月にスタート。ダウンロード数*2のランキングトップ10を毎月発表。2019年1月より着せかえ/絵文字部門が追加しました。

 *2:前月21日~該当月20日の期間に販売開始されたスタンプ/着せかえ/絵文字を対象とし、販売開始後10日間の数値を計測。

 LINEでは、「LINE Creators Market」を通じて、クリエイター活動におけるエコシステムの構築を目指していくとともに、スマートフォンにおけるコミュニケーションインフラとして、グローバルなプラットフォーム展開を引き続き推進してまいります。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ