PR

ニュース 経済

【物件選びのこだわり大調査】20代~30代女性の引っ越しの夢と現実から学ぶ!物件選びに失敗しないためのノウハウとは

株式会社エコラボ・デザインハウス

 年間平均入居率 99.02%【エコラボ施工の賃貸管理物件 】

 11月~12月は新築物件が市場に出回る件数がピークを迎える時期と言われており、引っ越し業界も繁忙期を迎えます。年も明け、そんな引っ越しのピークもひと段落し、今年引っ越しされた方のお部屋も段々と片付いてきた頃ではないでしょうか。

 引っ越しに関しては、昨今話題になった大手メーカーによる建築基準法の基準に合わないアパート施工問題の影響もあり、物件選びは慎重にならざるを得ません。

 引っ越しをするにあたり、皆さんが住みたいと思う物件の条件はさまざまだと思いますが、費用がかかるだけでなく生活の中で大きな要素となる住環境だからこそ失敗したくないという思いは共通でしょう。

 そこで今回、株式会社エコラボ・デザインハウス(http://www.ecolabo-dh.co.jp/)は、全国20代~30代女性を対象に、「住みたい物件の条件」に関する意識調査を実施しました。

 調査概要 : 「住みたい物件の条件」に関する意識調査

 【調査期間】2019年12月12日(木)~ 2019年12月13日(金)

 【調査方法】インターネット調査

 【調査人数】1,110人

 【調査対象】全国20代~30代女性

 【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

現代のお部屋探しはインターネットが主流!

 まず、「引っ越し先の物件はどのようにして探しますか?」と質問したところ、『インターネット(50.5%)』という回答が最も多く、次いで『店舗(32.1%)』『知人の紹介(10.3%)』と続きます。

 半数近くの方が、直接足を運ぶことなく簡単に比較検討ができるインターネットで物件探しをしているようです。

 また、これほどインターネットが普及していても、店舗で物件探しをしているという方は3割以上存在することが分かりました。

物件選びの譲れない“こだわり”がある女性が9割近く

 インターネットで物件探しをしている方が多い中で、物件選びにこだわりを持っている方はどのくらいいるのでしょうか。

 「物件を選ぶ際、こだわりはありますか?」という質問をしたところ、9割近くの方が『はい (87.1%)』と回答しました。

 ライフスタイルやライフステージに合った最適な物件選びをしたいと思えば、こだわりが出るのも当然かもしれません。

 また、「今回の引っ越しではどのようなところにこだわりましたか?」という質問をしたところ、『風呂・トイレ別(49.3%)』『駅から近い(19.8%)』『オートロック(8.8%)』という回答が上位を占める結果となりました。

 その他の回答として『防犯のため2階以上』『間取り』、そして『最上階角部屋』『デザイナーズ』など、明確なこだわりを挙げる方もいらっしゃいました。

 みなさんこだわりのポイントに優先順位を決め、納得のいく物件探しをしているようです。

オシャレな物件への憧れは消えない!?

 続いて「外観や内装がオシャレな物件はどう思いますか?」と質問をしたところ、半数以上が『住みたい(51.1%)』と回答し、『いつか住んでみたいと思う(33.8%)』『特にこだわりはない(15.1%)』と続きます。

 8割以上(84.9%)という多くの女性がオシャレな物件に住むことに対して憧れを抱いていることが分かりました。

 では、実際に住むことを決めた現在の物件のデザインについて、みなさんはどう思っているのでしょうか。

 「現在の物件のデザインはどうですか?」と質問をしたところ、『普通(45.0%)』『良い(24.4%)』『とても良い(16.9%)』『良くない(8.3%)』『あまり良くない(5.4%)』という結果が出ました。

 ほとんどの方が、デザインも含めて気に入る物件選びをしているようです。

住みたくない物件と現在の住まいの不満から分かる物件選びの重要ポイント

 理想の物件の条件を挙げればきりがないですが、住みたくないのはどのような物件なのでしょうか。

 そこで、「住みたくない物件を教えてください」と質問したところ、『アクセスが悪い(37.5%)』という回答が最も多く、次いで『防犯対策がしっかりしていない(25.5%)』『防音対策がしっかりしていない(20.7%)』という結果が出ました。

 駅から遠いところに位置し、治安に心配があるなど、防犯面の心配が大きい物件は女性から避けられるようです。

 このように妥協できないポイントに1つでも該当してしまうと、候補から外されてしまうのではないでしょうか。

 では、実際に住むことを決めた物件に対して、不満は無いのでしょうか。

 「現在住んでいるお部屋の不満を教えてください」と質問したところ、『収納が少ない(33.5%)』『部屋がせまい(22.0%)』といった意見が半数を超える結果となりました。

 注目したいのは、『デザイン性がない』『風呂場がオシャレではない』という回答にそれぞれ10%以上集まっているということです。

 物件選びの時点でデザイン性の高さを重視することが、住んでみて初めて出てくる不満を減らすことにもなると言えるのかもしれません。

『エコラボ・デザインハウス』の物件はこちら

 ここで、年間平均入居率 99.02%を誇るエコラボデザインハウスの物件を一部ご紹介します。

オシャレでデザイン性の高いお部屋探しは『エコラボ・デザインハウス』にお任せください!

エコラボ・デザインハウス(http://www.ecolabo-dh.co.jp/)では、狭い面積でも広く見せる工夫をしており、外観・内装ともにオシャレで一度入居すると長く住む方が多い人気の物件を取り揃えております。

 特に、美容師・デザイナーなどのオシャレにこだわりのある方に人気です。

日本の空き家率 13.5%に対して、エコラボ施工の賃貸管理物件は年間平均入居率 99.02%と、大変多くの方に支持をいただいています。

 そのため、投資用物件としても高い人気を誇っています

 エコラボ・デザインハウスの物件に関してご興味をお持ちの方は、お気軽にご連絡ください。

 ■WEBからのお問い合わせ:http://www.ecolabo-dh.co.jp/contact/

 ■お電話でのお問い合わせ:本社…03-5315-5550

  賃貸開発事業部…03-5315-3888

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ